じょく層工法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 工事 > 工法 > じょく層工法の意味・解説 

じょく層工法

概要
 じょく層工法は、オーバーレイ等の補修工事において、既設舗装オーバーレイ層との間に、応力伝達緩和する層(じょく層)を設け工法です。このじょく層により、リフレクションクラックの発生抑制あるいは遅延することができます
 施工では、既設路面アスファルト材料散布した後に、プレコートした砕石散布します。既設路面状況交通量に応じて1~3層重ねて構築します。

※リフクレションクラックとは
 コンクリート版やひび割れのある既設舗装などの上アスファルト混合物施工したときに,下層目地ひび割れ原因となり、上層部分に生じるひび割れのことです。これは、下層目地部やひび割れなど縁の切れた箇所で、交通荷重作用したときに上・下層がそれぞれ異なった挙動を示すことにより生じます。
特徴
● 薄層でリフレクションクラックの抑制効果が得られます
● 不透水層形成し、下層からの水分遮断します
● 施工比較的容易です
● 工事費比較安価です
主たる性能
● リフレクションクラック抑制
用途適用箇所
● リフレクションクラックの発生懸念される箇所


じょく層工法

じょく層工法

じょく層工法








じょく層工法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

じょく層工法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



じょく層工法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本道路舗装建設業協会社団法人日本道路舗装建設業協会
Copyright (C) 2021 社団法人日本道路舗装建設業協会 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS