カスタムICとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > カスタムICの意味・解説 

ASIC

フルスペル:Application Specific Integrated Circuit
読み方エーシック
別名:カスタムチップ,カスタムIC

ASICとは、ある特定の用途特化して製造された集積回路のことである。ユーザー注文合わせて、ある特定の用途のためだけに設計され、製造される集積回路のことである。「カスタムチップ」「カスタムIC」などとも呼ばれることも多い。

特殊用途向けに設計する方式には、あらかじめ特定の用途想定して製造する「セミカスタムIC」と、注文に応じてまったく最初から設計始める「フルカスタムIC」との二種類がある。フルカスタムICに近づけば近づくほど、納期長くなり費用高くつくが、そのぶん業務最適な処理を期待することができる。また、「セミカスタムIC」はあらかじめ特定の機能を持った回路組み合わせによる途中製造段階製品用意しておき、要望に応じて回路ブロック配線変更し、最適回路構造設計する手法である。

半導体メモリのほかの用語一覧
仮想メモリ:  TLB  ユーザ領域
技術・産業:  CCD  ASIC  ASSP  AMD  厚膜IC

ASIC

(カスタムIC から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/27 07:02 UTC 版)

ASIC: application specific integrated circuit特定用途向け集積回路)は電子部品の種別の1つで、特定の用途向けに複数機能の回路を1つにまとめた集積回路の総称である。通常は「エーシック」と発音され、表記する場合は日本でも「ASIC」である。


  1. ^ 木村雅秀著 『ASICの微細化に急ブレーキ 45nm世代で壁に直面』 「日経エレクトロニクス 2009年3月9日号」 p.94-98


「ASIC」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カスタムIC」の関連用語

カスタムICのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フラッシュパス

Samsung Notebook Odyssey

Wi-Fi

リアルモーションシステム

モジュラージャック

Kobo Aura H2O

Dell XPS 15

Xperia A SO-04E





カスタムICのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリASICの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのASIC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS