オールインワン型ノートパソコンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > パソコン > オールインワン型ノートパソコンの意味・解説 

オールインワン型ノートパソコン

別名:デスクノートdesknote

オールインワン型ノートパソコンとは、ノート型パソコン高性能化してデスクトップパソコンまで近づけた、デスクトップ使用想定されたノートパソコンのことである。省スペースパソコンとして用いられている。

オールインワン型ノートパソコンはノートパソコン同様にオールインワンで薄型に設計されているが、モバイルノートのように持ち歩く用途想定されていない一般ノートパソコンでは機能最小限に削ることを志向されているのに対して、オールインワン型ノートパソコンはむしろ高性能多機能マルチメディア対応などが志向されている。高画質画面ディスプレイハイクラスCPUメモリCDDVD再生書き込み対応しているディスクドライブなどが標準搭載される。その分、一般ノートパソコンよりも大きく、重く、そしてバッテリー備え充分でない。

オールインワン型ノートパソコンは、主にデスクトップ省スペース化するための代替品としての需要がある。机上デスクトップ)をコンパクトにまとめることができ、なおかつデスクトップパソコン劣らない機能利用することのできるタイプとして人気がある。


参照リンク
VAIO | 大画面ノートタイプ一覧
NEC得選街/ビジネスPC/VersaProシリーズ
パソコンのほかの用語一覧
ノート型PC:  Adamo XPS  Alienware  Aspire  オールインワン型ノートパソコン  Chromebook  Chromebook Pixel  CardBus



オールインワン型ノートパソコンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オールインワン型ノートパソコン」の関連用語

オールインワン型ノートパソコンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オールインワン型ノートパソコンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリオールインワン型ノートパソコンの記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS