エム・アール・ピーとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > エム・アール・ピーの意味・解説 

資材所要量計画

別名:MRP、エム・アール・ピー
【英】:Material Requirements Planning

ある一定期間生産する予定製品品種からそれぞれの製品部品展開をし、必要部品の総量算出し、有効在庫量、発注残を差し引き発注すべき部品数量算出する方法と、その仕組みMRPという。

この考え方は、簡単な製品構造のものや受注生産主体会社では、古くからあったが、コンピュータによる生産管理進展により、一躍脚光を浴びることとなった。

部品展開マスターをどう簡素化して作るか、半製品部品在庫把握方法どのようにするかがMRP導入の鍵である。

製造部門負荷管理考えMRP-�(Manufacturing Resource Planning)、需要予測要素を含めたMRP-�もある。

ERPEnterprise Resource Planning)の生産管理モジュールでは、中心的仕組みとして取り込んでいるものも多い。

MRP

フルスペル:Material Requirements Planning
読み方:エムアールピー
別名:資材所要量計画

MRPとは、生産管理に用いられる手法一種で、生産計画基づいて必要となる資材などをあらかじめ算出する手法のことである。

MRPでは、想定された完成品から必要となる資材をすべて列挙し、資材在庫照らし合わせることで、資材需要生まれ次期分量把握する。これによって生産管理効率化することができる。

MRPは970年代米国生産在庫管理協会(APICS)によって提唱された。以来一般的な管理手法として用いられている。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エム・アール・ピー」の関連用語

エム・アール・ピーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エム・アール・ピーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリMRPの記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS