アヴィニヨンとは?

Weblio 辞書 > 文化 > 世界遺産 > アヴィニヨンの意味・解説 

アビニョン【Avignon】

フランス南部ローヌ川下流に臨む古都。ボークリューズ県の県都商業工業発達中世遺跡多く教皇宮殿サンベネゼ橋、ロシェデドン公園などを含む地区1995年に「アビニョン歴史地区教皇宮殿大司教座建造物群、およびアビニョン」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

アビニョンの画像

アヴィニヨン(フランス)

法王庁/アヴィニョン

フランス南東部ローヌ河岸位置する商業都市フランス王ローマ法王庁対立により、1309年教皇クレメンス5世がアヴィニヨンに滞在することになった歴史的に有名な「アヴィニヨン捕囚」の舞台です。事実上キリスト教界の首都」となったアヴィニヨンには法王庁宮殿や現在はプティ・パレ美術館として利用されている大司教館など当時建築が残されており、1995年にはアヴィニヨン歴史地区として世界遺産に登録されました。また、毎年夏には国際的演劇祭が開催され、地方都市文化活動としての模範となっています。


アヴィニョン

(アヴィニヨン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 09:28 UTC 版)

アヴィニョンAvignon)は、フランスの南東部に位置する都市コミューン)で、ヴォクリューズ県県庁所在地である。






「アヴィニョン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アヴィニヨン」の関連用語

アヴィニヨンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アヴィニヨンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
近畿日本ツーリスト近畿日本ツーリスト
Copyright(C) All rights reserved by Kinki Nippon Tourist.
近畿日本ツーリスト世界遺産
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアヴィニョン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS