アンチパテントとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > OSS用語 > アンチパテントの意味・解説 

アンチパテント

読み方anti-patent

特許法による知的財産保護独占重視する政策を表す「プロパテント」(pro-patent)の反対語
知的財産法的保護独占させることにより産業発達寄与することを目的とする知的財産権特許権著作権など)の理念とは逆に独占行為規制することにより自由な競争技術普及を図り、ひいては産業発達を図るとする考え方立法的には、前者特許法などによる知的財産権保護後者独占禁止法による私的独占禁止に相当する。
プロパテント政策レーガン政権下の米国1980年台より強化されてきた。日本においても1998年平成10年以降一連の特許法改正により、プロパテント政策が急速に進められている。
他方オープンソース理念はアンチパテントに直結している。日米も含む各国では、行き過ぎプロパテント政策により、過度ブラックボックス化寡占が進んだソフトウェア産業健全化を図って、オープンソース推進などのアンチパテント政策並行して進められている。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アンチパテント」の関連用語

アンチパテントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アンチパテントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2021

©2021 GRAS Group, Inc.RSS