だいなごんとは?

Weblio 辞書 > 食品 > 豆の種類 > だいなごんの意味・解説 

おおい ものもうすつかさ おほいものまうすつかさ 【〈大納言〉】

だいなごん(大納言) 」に同じ。 〔和名抄

だい なごん [3] 【大納言】

律令制で,左右大臣に次ぎ太政官次官にあたった役職大臣とともに政務審議し,天皇への奏上宣下をつかさどった。おおいものもうすつかさ
アズキ栽培品種。粒が暗赤色大きい。大納言あずき。尾張あずき。

大納言(だいなごん)

あずきの中で特に大粒特定の品種群は、「大納言」と呼ばれ、流通・加工上、普通のあずき品種とは区別されています。その名前の由来は、この品種のあずきは、大粒なだけではなく、煮たときに皮が破れにくい特徴持ちいわゆる腹切れ」が生じにくいことから、切腹習慣がない公卿官位である「大納言」と名付けられたとも言われています。江戸時代には、「大納言」と同じように煮ても皮が破れにくい特徴持っているものの、「大納言」より小粒なため、「中納言」、「少納言」と名付けられた品種もあり、現在も一部地域に残っています。
大納言の栽培面積が一番多いのは北海道ですが、兵庫県京都府栽培されている「丹波大納言」は種皮が赤く、大粒で俵型をしており、江戸時代から知られていました。現在、北海道栽培されている品種には、「アカネダイナゴン」、「とよみ大納言」などがあり、兵庫県京都府にはそれぞれ丹波大納言」、「京都大納言」などの品種あります

大納言は大粒で、煮くずれしにくいことなどから、甘納豆など豆粒形状を保った豆製品原料として用いられます。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「だいなごん」の関連用語

だいなごんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



だいなごんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本豆類基金協会日本豆類基金協会
Copyrights:(c) 2019 (財)日本豆類基金協会 All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS