じょうぞうとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > じょうぞうの意味・解説 

じょうぞう〔ジヤウザウ〕【浄蔵】


じょう‐ぞう〔ヂヤウザウ〕【醸造】

[名](スル)発酵作用応用して、酒類醤油・味噌などを製造すること。「精選された原料から醸造された銘酒


じょう‐ぞう ヂャウザウ 【醸造】

〔名〕

発酵作用応用して、酒、味噌醤油などをつくること。醸成

米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「麻亜麻紡織〈略〉果殻の醸造、みな盛んに

② =じょうせい醸成)②

野分(1907)〈夏目漱石一一社会の悪を自ら醸造(ヂャウザウ)して平気で居る事がある」〔本草綱目毒草上・烏頭



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「じょうぞう」の関連用語

じょうぞうのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



じょうぞうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS