きおくいさんとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > きおくいさんの意味・解説 

記憶遺産

読み方:きおくいさん
別名:世界記憶遺産
英語:Memory of the World

UNESCO認定している、後世に残すべき歴史的文書記録を登録する制度。「世界遺産」「無形遺産」(無形文化遺産)に並ぶUNESCO事業で、歴史上に残る文書歴史的人物の手稿などが登録される。

記憶遺産の例として、「訓民正音」や「マグナ・カルタ」、「アンネの日記」、ベートーベン交響曲第9番」(第九)の直筆楽譜」などが登録されている。

記憶遺産は1997年開始された事業であり、韓国などでは早くから複数資料が記憶遺産に登録されているが、日本からは長らく登録がなかった。2011年5月26日福岡県立大学福岡県川田市と共同申請していた炭鉱記録画家山本作兵衛による炭鉱記録画が、国内初の記憶遺産として登録された。

関連サイト
Memory of the World - UNESCO(英語)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「きおくいさん」の関連用語

きおくいさんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



きおくいさんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS