かみおくりとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > かみおくりの意味・解説 

かみ おくり [3] 【神送り】

陰暦9月30日または10月1日出雲旅立つ神を送り出すこと。また,その日宮参り。 ↔ 神迎え [季] 冬。 《 荒るゝものと知ればたふとし- /鬼貫
疫病神追い払うこと。また,その儀礼
[句]

かみおくり 【神送り】

日本で、陰暦九月三〇日または一〇月一日に、全国の神が出雲大社旅立つとして、それを送り出す行事。この神々陰暦一〇月晦日一一月一日に帰ってくるというので、これを神迎えという。したがって陰暦一〇月を神無月というが、出雲島根県一部)だけは神在月という。神が発った地方では留守神をまつる所もある。この期間は神荒・神送風などといって暴風雨をともなうとの伝承もある。一一月は神が帰って来るから神来月という。(別に疫病神追い払うことにもいう)

神送り(かみおくり)

日本古来の「まつり」の儀礼一部
神や精霊を①迎えもてなし送り出す、というのが日本の「まつり」のもっとも根本的形式である。「神送り」はその最後段階にあたり、特に丁重に行われることが多い。

盆踊り最後に迎え精霊送り出す行事を残すところがあるが、これは「神送り」の一種である。長野県阿南町新野新野盆踊りの「踊り神送り」の行事は、その代表例。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かみおくり」の関連用語

かみおくりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かみおくりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
湘南盆踊り研究会湘南盆踊り研究会
Copyright (c)2019 bonodori.net

©2019 Weblio RSS