おあむ物語とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > おあむ物語の意味・解説 

おあんものがたり【おあむ物語】

《「おあん」は尼の敬称江戸前期の見聞記。1冊。享保初年1716)ごろまでに成立か。石田三成家臣山田去暦の娘が、美濃大垣城見聞した関ヶ原の戦いのようすを、尼になってから子供たちに語った追憶談の筆録


おあん物語

(おあむ物語 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/11 14:28 UTC 版)

おあん物語』(おあんものがたり)は、江戸時代前期に老から聞き書きした戦国時代の体験記。表題は『おあむ物語』、『御庵物語』とも表記される。石田三成の家臣・山田去暦の娘であった老尼が、少女時代に体験した関ヶ原の戦いの頃の様子を子供たちに語った話の筆録で[1]正徳年間(1711年 - 1716年)の成立とされる[1]。表題の「おあん」(お庵)は老尼の敬称である[1]。戦国時代の武家の暮らしを女性の立場から描写した貴重な史料とされる[2][3]


  1. ^ a b c おあむ物語 オアンモノガタリ - コトバンク
  2. ^ a b ある戦国女性の生活(おあん物語) 菊池寛『わが愛読文章』非凡閣、1944年
  3. ^ a b c おあん コトバンク
  4. ^ a b 日本文章史の一節 八波則吉『国語教育大道』東洋図書、1933年。
  5. ^ 大垣城にあるおあむの松はいつ植えられたか レファレンス協同データベース 2016年6月18日
  6. ^ a b 「おあむの松」がすっきり姿を見せました(公財)大垣市文化事業団 2015年12月16日


「おあん物語」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おあむ物語」の関連用語

おあむ物語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



おあむ物語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのおあん物語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS