FTTHとは?

FTTH

Fiber To The Home
FTTHを実現する光アクセス・システムは、局(設備センター)から各ユーザー宅側までの間を、光ファイバーで結び超高速なブロードバンド・ネットワークを実現するシステム
最後の“H”の部分には、局からユーザーまでの区間(H:Homeユーザー宅まで)が示されていて、他にはFTTC(C:Curb歩道の縁まで)、FTTB(B:Buildingオフィス・ビルまで)などと使われる。またこれ以外にも、FTTCab(C:Cabinet屋外設置された光/電気信号装置箱まで)、FTTZ(Z:Zoneユーザー数を数千ほどまとめた地域まで)、FTTO(O:Officeオフィス)、FTTP(P:Premises、ユーザー敷地内まで)、FTTP(P:Pillow枕元まで)などと使われたりもする。
局側とユーザー間の通信システムは、アクセス・システムを言われる。このシステムには、局側とユーザー1対1接続する「ポイント・ツー・ポイント」と、局側と複数ユーザー1対多接続する「ポイント・ツー・マルポイント」の2つの方式があり、システム構成制御方式それぞれ特徴がある。
当初多くのFTTHはATM非同期転送モード技術基本開発された。しかし、その後家庭オフィス広く普及したイーサネット技術利用することによって、FTTH関連装置コスト大幅削減できるようになったため、FTTHは急速に普及始めた。

FTTH

フルスペル:Fiber To The Home
読み方エフティーティーエイチ
別名:ファイバー・トゥ・ザ・ホーム

FTTHとは、光ファイバケーブルを一般個人家屋直接引き込んだネットワーク回線構成のことである。光通信利用した次世代ブロードバンド通信サービス総称として用いられる場合もある。

FTTHは、従来利用されてきた銅製電話回線光ファイバ回線置き換えることによって、高速かつ大容量データ通信サービス実現する。FTTHはADSLに次ぐ次世代のブロードバンドインフラとして期待されており、経済産業省NTT主導によって1990年代後半から各回線の光化推進されている。2001年6月には、東京23区内と大阪一部においてFTTHサービスの「Bフレッツ」も開始されている。

ただし、加入者すべてに対して回線終端部分まで完全に光ファイバへと置き換えるには、莫大コストがかかるという難点がある。各家庭個別に引き込んでいる終端部分ラストワンマイル)の光化は、2006年現在の都心部においても、xDSL半分満たない状況にある。ただしNTTでは、ラストワンマイルよりも「き点線」と呼ばれる共用回線部分までの光化先に完了させる計画を進めており、2006年在すでに首都圏政令指定都市などではき点線までの回線90%以上が光回線移行されたといわれている。この「き点線までの光化」を指して、特にFTTCFiber To The Cabinet)と呼ぶこともある。

なお、商用ビルマンションなどの集合施設ではFTTHが実現されている場合多く、特にFTTBFiber To The Building)と呼ばれて区別して扱われる場合がある。逆にFTTHやFTTBなどを総称する場合には、「敷地」を意味する「Premises」を充ててFTTPFiber To The Premises)と呼ぶ場合もある。


参照リンク
FTTHの実現に向けたネットワーク展望と課題 - (総務省)
通信事業のほかの用語一覧
ブロードバンド回線:  eXtremeDSL  FTTB  FTTC  FTTH  FON  FTTP  G.shdsl

FTTH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/21 21:46 UTC 版)

Fiber To The Home(ファイバー・トゥ・ザ・ホーム)または略してFTTH(エフ・ティー・ティー・エイチ)とは光ファイバーを伝送路として一般個人宅へ直接引き込む、アクセス系光通信構成方式のことである。また一般個人宅に限らず、同様の形態でサービスの提供を受ける小規模なオフィスも含めてFTTP(Fiber To The Premises:敷地)ということもある。




[ヘルプ]
  1. ^ 例:フレッツ・テレビ
  2. ^ “情報通信審議会 2020-ICT基盤政策特別部会 基本政策委員会(第11回)配布資料・議事録” (プレスリリース), 総務省, (2014年7月10日), http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/joho_tsusin/02kiban02_03000201.html 2015年10月24日閲覧。 
  3. ^ “NTT東西に対する訴訟の提起について” (プレスリリース), ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム, (2011年11月18日), http://www.softbankbb.co.jp/ja/news/press/2011/20111118_01/ 2015年10月24日閲覧。 
  4. ^ “NTT東西に対する独禁法差止訴訟の判決について” (プレスリリース), ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム, (2014年11月18日), http://www.softbank.jp/corp/group/sbb/news/info/2014/20140619_01/ 2015年10月24日閲覧。 
  5. ^ 実績として、NTTは、通信速度の向上と、コスト削減を目的として、FTTHのサービス開始から6年間で分岐方式を4回(計7種類)変更している。現在は「GE-PON」と呼ぶ方式だが、将来は10Gビット/秒超の高速化を実現する「WDM-PON」への移行が検討されている。
  6. ^ 電気通信事業分野における市場分析 に関するデータブック(平成 27 年度) (PDF)
  7. ^ “NTT東西のFTTHアクセスサービス等の卸電気通信役務に係る電気通信事業法の適用に関するガイドライン(案)” (pdf) (プレスリリース), 総務省, (2015-1-), http://www.soumu.go.jp/main_content/000334522.pdf 2015年10月24日閲覧。 
  8. ^ “NTT東西による光回線サービスの卸売の提供に伴う消費者向け光サービス提供に当たっての消費者保護のための取組(要請)” (プレスリリース), 総務省, (2015年1月28日), http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_02000158.html 2015年10月24日閲覧。 
  9. ^ “光サービス(FTTHサービス)の乗換えにあたっての注意点!!” (pdf) (プレスリリース), 総務省, http://www.soumu.go.jp/main_content/000338678.pdf 2015年10月24日閲覧。 
  10. ^ “よく分からないまま契約していませんか?インターネット、携帯電話等の電気通信サービスに関する勧誘トラブルにご注意!” (pdf) (プレスリリース), 国民生活センター, (2015年3月6日), http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20140306_1.pdf 2015年10月24日閲覧。 
  11. ^ 光サービス卸で不適切勧誘 総務省、2社に行政指導へ | 産経新聞
  12. ^ “NTT西日本の販売代理店をかたる強引な販売勧奨にご注意ください” (プレスリリース), NTT西日本, https://www.ntt-west.co.jp/info/support/attention2.html 2015年10月24日閲覧。 
  13. ^ 「遠隔操作ソフトのインストールは、訪問者を家に招き入れる行為」| RBB


「FTTH」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

FTTHに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「FTTH」の関連用語

FTTHのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レーザーマウス

Windows 98 SE

GALAXY S

ThinkStation P320 Tiny

Xperia Z4 Tablet SO-05G

Wiiリモコン

Motorola CHARM

初音ミク





FTTHのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2017 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリFTTHの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのFTTH (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS