イーサネットとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > イーサネット > イーサネットの意味・解説 

イーサネット 【Ethernet】

アメリカゼロックス社・デジタルイクイップメント社・インテル社開発した LAN規格の一。1980年発表され,最も一般的に使われている。 → ランLAN

イーサネット 【Ethernet】

LANでもっとも一般的に用いられている通信規格米国DECIntelXeroxの3社によって共同開発され、IEEE802.3として規格化されている。

通信速度通信使用するケーブル仕様データ交換方式定められており、複数機器同一ケーブル共有して、データやり取り効率良く行なえる。

代表的規格には、ツイストペアケーブル使用する10BASE-T最大転送レート10Mbps)、100BASE-T(同100Mbps)、1000BASE-T(同1Gbps)のほか、光ケーブル使用する100BASE-FX1000BASE-CXなどがある。

イーサネット

→「Ethernet」の項参照

関連用語:


イーサネット [ethernet]


イーサネット

読みいーさねっと
英語:Ethernet

現在,最も利用されているLAN(Local Area Network)の方式名.同軸ケーブル等の媒体を各端末共有し,発信する端末は,媒体空き状況検出して放送的にデータ送出し,受信側は自分アドレスに対応したデータのみを受け取る方式である.より線を用いた10BASE-Tや,それを高速化した100BASE-T等に進化している.

イーサネット

【英】Ethernet

イーサネットとは、IEEE 802.3として標準化され、LANケーブルとして一般的に使用されている、ネットワークケーブルの規格のことである。XeroxDECによって、ロバート・エトカルフェ中心として開発された。

イーサネットの規格は、OSI参照モデルにおける物理的接続法規定である物理層と、同じく機器間の信号やりとり規定であるデータリンク層規定している。物理的仕様と、ピン通信速度などによって複数規格分類される。

イーサネットでは、送信されるデータは、通信路送出される際にあらかじめフレームMACフレーム単位分割されるそれぞれのフレームは、宛先などを記載したヘッダ情報と、誤り訂正などを行うための情報付与されることにより、データ欠損などを防止する仕組みとなっている。フレーム単位で扱うことにより、ネットワーク上を流れデータまとまりは常に一定以下の容量を保つため、送受信転送にかかわる処理を簡素化することに成功している。

イーサネットでは、各端末が自由に信号発することができる。しかし、複数端末から同時に信号送出され、ネットワーク上で信号衝突コリジョン)が発生すると、情報は失われる。このため、イーサネットではCSMA/CD呼ばれる技術用いてコリジョンによるデータ喪失回避している。CSMA/CDでは、ネットワーク上の端末信号監視し、衝突検出された場合には、乱数用いてランダム時間だけ待機した後、次の処理に移る。

イーサネットの規格として、当初は、同軸ケーブル利用されていた。これは現在の10Base5に相当する。1cm程度の同軸太ケーブルを用いる10Mbpsの速度ベースバンド方式通信規格である。また、同じく10Mbpsのベースバンド方式で、10Base5よりも細い同軸ケーブルを用いる10Base2よばれる規格がある。

2008年現在、同軸ケーブルよりもツイストペアケーブルより対線)を用いる方式一般的となっている。ツイストペアケーブルを用いる100Mbpsのベースバンド方式である100Base-Tや、1000Mbpsのベースバンド方式である1000Base-Tなどがある。また、100Base-T1000Base-Tにおける信号干渉問題改善した規格として、100Base-TX1000Base-TXがある。

イーサネットで用いる代表的装置としてはハブ集線装置)がある。ハブは各端末からのケーブル相互に接続する役割を持つ。その他、物理的信号減衰等を補い接続するリピータや、データリンクレベルで接続するブリッジなどが用いられる。なお、MACアドレス識別してパケット配送先切り替える装置は、特にスイッチと呼ぶ。

ちなみに、イーサネット(Ethernet)の名の元となった「Ether」とは、物理学で光の媒体となる物質として仮想的に考えられていた「エーテル」に由来するものである


イーサネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/11 10:06 UTC 版)

イーサネット (Ethernet) はコンピューターネットワークの規格の1つで、世界中のオフィスや家庭で一般的に使用されているLAN (Local Area Network) で最も使用されている技術規格である。











イーサネットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

イーサネットに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「イーサネット」の関連用語

イーサネットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

HTC Desire

iPad mini 3

Microsoft Comfort Curve Keyboard 3000

らくらくスマートフォンプレミアム

iPhone 3GS

Dell XPS 15

Opera

レグザタブレットAT830





イーサネットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2016 Japan Video Software Association
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2016 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2016 AMEI.OR.JP
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2016 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリイーサネットの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイーサネット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS