ADSLとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > ADSLの意味・解説 

ADSL(えーでぃーえすえる)

電話回線を使って情報やり取りする通信技術

音声通話などに利用される既存電話回線で、主にインターネット接続などの高速データ通信を可能にする。ブロードバンド時代の有力なインターネット接続方式だ。

利用者パソコンなどの端末からセンター情報を送る「上り回線」よりも、センターから端末情報伝送する「下り回線」のほうが高速となっている。インターネットアクセスするには、データダウンロードするといった使い方が多いので、この方が有利だ。「上り」と「下り」で伝送速度異なることから、非対称デジタル加入者線 (ADSL) と呼ばれている。

ADSLを使うには専用モデムが必要となるものの、すでに整備されている電話回線銅線)を利用できることのメリット大きい。本格的ブロードバンド環境ある光ファイバーケーブルが普及するまでの間、 <つなぎ役> として素早く移行できるからだ。

1999年以降東京めたりっく通信イーアクセスなどのベンチャー企業がADSLサービス市場参入し、話題集めた。現在のところ、2000年12月本格的参入したNTT東西大きな市場占有率シェア)を保っている。

(2001.06.21更新


ADSL 【ADSL】

【参】DSL

ADSL

Asymmetric Digital Subscriber Line
既存電話回線(メタリックケーブル)を利用し、高速データ伝送を可能にしたデジタル伝送方式1つで、「下り回線帯域広く上り回線帯域が狭い」非対称デジタル加入者線1987年米国ベル研究所のジョゼフ・レックライダー氏によって考案された。その後1993年3月当時、アマティ・コミュニケーションズ(Amati Communications)社から提案された「DMT」(Digital Multi-Tone)という伝送方式が、ANSI(アメリカ規格協会)によって採用され、ADSLとADSLから派生したHDSLVDSLなど、いろいろなDSL伝送方式国際標準)の基礎となっている。
日本試験サービスが始まったのは1999年12月で、本サービス2000年12月だった。当初伝送速度は1.5Mbpsでしたが、2001年新規参入事業者が増えてからは、6M、12M、24M、48M、54Mbpsと高速化が進んでいる。

関連用語:


ADSL

フルスペル:Asymmetric Digital Subscriber Line
読み方エーディーエスエル

ADSLとは、一般銅線を使った電話回線において、音声通話に用いられていない周波数の高い領域使用することで高速デジタル通信を行う技術のことである。光ファイバー普及するまでの間のサービスとして提供されているxDSL技術一種である。

特徴としては、ユーザーから電話局の上りの通信と、電話局からユーザーへの下り通信とで、速度に差があることが上げられる。一般的に上り0.5~1Mbps程度下りは1.5~12Mbps程度となっている。またこのために、「非対称デジタル加入通信」とも呼ばれる。ただし、ADSLが使用する周波数帯電気信号劣化激しいため、電話線長さがおよそ6~7kmまでの電話回線においてしか使用できない他、回線の距離や質が通信速度大きく影響する。

ADSLの規格には、ADSLフル規格であるG.992.1(G.dmt)と、一般的に「ADSL Lite」と呼ばれているADSL低速規格であるG.992.2(G.lite)の2つがあり、それぞれ通信速度異なっている。なお、ADSLを用いた通信は、ISDN回線から信号干渉問題などもあるため、日本においては、ADSLのフル規格サービスではなく低速規格であるADSL Liteに基づいた常時接続サービスが提供されている。具体的には、1999年12月から、東京めたりっく通信ニューコアラNTT-MEサービス開始した。

ただし、当初は、G.992.2(G.lite)規格のADSL Liteによるサービス主流であったが、Yahoo! BBG.992.1(G.dmt)のADSLフル規格による8Mbpsサービス2001年8月開始した。その後は、各社による同様のサービス進んでいる。また、2002年9月以降は、G.992.1規格を独自に拡張することにより、12Mbpsのサービスをはじめ、24Mbpsや26Mbpsといった、さらに高速なADSL通信提供する事業者登場している。


ADSL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/24 18:43 UTC 版)

ADSL(エーディーエスエル、Asymmetric Digital Subscriber Line:非対称デジタル加入者線)とはDSLの1つであり、ツイストペアケーブル通信線路(一般のアナログ電話回線)を使用する上り(アップリンク)と下り(ダウンリンク)の速度が非対称(Asymmetric)な高速デジタル有線通信技術、ならびに電気通信役務のことである。




[ヘルプ]






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ADSLに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ADSL」の関連用語

ADSLのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レグザタブレットAT300

Opera

リアルモーションシステム

iMac Retina 5Kディスプレイモデル

iCloud

五心

Sculpt Ergonomic Desktop

Sculpt Touch Mouse





ADSLのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2016 時事用語のABC All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2016 Japan Video Software Association
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2016 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリADSLの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのADSL (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS