C-17とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > C-17の意味・解説 

【C-17】(しーじゅうなな)

Boeing(McDonnell Douglas) C-17 Globemaster 3
アメリカ空軍RDF(緊急展開軍)構想から誕生した新型輸送機
C-5彷彿とさせるT字型垂直尾翼高翼式の主翼から、C-5後継機と言っても良い。(実際にC-141スターリフター」の後継機である。)

C-5同種の物資搭載できるペイロードと、C-130着陸できる飛行場降りられるSTOL性能とを両立させ、戦略輸送機戦術輸送機垣根取り払う輸送機目指し開発された。
主翼端にウイングレット取り付け燃費を向上させているほか、YC-15研究で培われたEBF(Externally Blown Flap)方式によって高いSTOL性能実現している。
また、輸送機として初めHUD(ヘッドアップディスプレイ)を搭載し、戦闘機同様の操縦桿採用されている。

積載能力としてはM1戦車1輌、M2A2歩兵戦闘車(26t時)・ストライカー3輌、AH-64またはOH-58を3機、M270 MLRS発射機1輌、支援車両3輌)など、兵員144名まで輸送する事が可能である。

しかし、性能の向上は価格の上昇を招き、また組立中に重量過多判明するなどし、その開発自体も遅れ、原型機の初飛行1991年9月15日当初計画よりも1年遅延してしまった。

1993年6月より部隊配備開始し、最終的には180機の調達予定している。
アメリカ以外ではイギリスなどが使用している。

スペックデータ

乗員:3名
全長:53.0m
全高:16.8m
全幅:51.8m
面積:353.02
空虚重量:128.1t
最大離陸重量:265.35t
最大積載量:77.519t
巡航速度マッハ0.77(高度7,620m)
エンジンP&W F117-PW-100ターボファンエンジン推力18,460kg)4基
航続距離:5,190km/9,815km(空荷フェリー時)
実用上昇限度13,715m

アメリカ以外での採用および採用検討中の国

c17a003.jpg
Photo:MASDF

C-17 (航空機)

(C-17 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/25 08:53 UTC 版)

C-17 グローブマスターIII






「C-17 (航空機)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「C-17」の関連用語

C-17のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

テイルスライド

S-24

スパイリグ

AAA

空中給油

VTOL

フォルスキャノピー

ダイヤモンド





C-17のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのC-17 (航空機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS