リースとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > リース > リースの意味・解説 

リース [1] 【lease】

( 名 ) スル
料金取って,物を貸すこと。土地建物大型機械設備などを,比較長期わたって貸すことをいう。 「機械を-する」 「 -産業」 → レンタル

リース [1] 【wreathe】

花・葉などを組み合わせて作った輪。花輪花冠。 「クリスマス--」

リース

【英】lease

機械設備一定期間特定の相手有料貸し出すこと。技術革新によって、機械設備陳腐化早まるなかで、いつでも最新設備機械導入が可能、経営資金長期固定化を防ぐことができる、などの理由により、リースを利用する。レンタルとの違いは、その貸出期間の長短にあり、リースは年単位長期貸出通常である。

リース

【英】:lease

当該設備をリース会社メーカーから買い上げた後に、ユーザー加盟店)へ貸し付ける資金融資ファイナンスの手法で、ファイナンス・リースとも呼ばれる
 リース利用利点としては、資金不足の場合でも設備調達が容易であること、IT機器のように陳腐化早い設備機器には適していること、経理処理上リース料損金処理が可能であること,減価償却費計算固定資産税申告納付といった事務負担がなくなること、リース料支払い毎月一定額で資金計画立て易いなどが挙げられる。逆に不利な点は、加盟店がリース会社支払リース料中には、リース会社金利営業経費原価償却費、及び利益含まれるのでかなり割高になること、そしてリース期間中の中途解約出来ないこと、解約する場合は高い違約金支払必要があることなどが挙げられる。フランチャイズ本部提示する開業資金中には、リース物件除外されていて、投資額が少ないように見せかけケースがあるので注意要する。リース終了後の所有権は、リース会社にある。レンタルも同様である。そこで、フランチャイズ本部は独自のノウハウがあり特許をとった設備は、リースやレンタル方式を取る事によって契約終了後、対象物件を加盟店から引き上げることで、その機密保持することができる。これによく似た割賦支払いは、支払い終了した後は、支払い主(購入者)に所有権が残る点において異なる。リースとレンタル違いは、レンタル比較短期契約考えればいい。 関連用語→開業資金オペレーティング・リースレンタル

リース

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

リース

読み方: りーす
【英】: lease
同義語: ハベンダム・クローズ  

(1) 概念英米コモン・ロー慣習法)では、土地所有権はその地下に及ぶとしているので、地下鉱物はその直上土地所有者帰属し、したがってその鉱物採掘する権利土地所有権という私権依拠するこのため、自らこれを採掘する資本技術備えていない土地所有者が、資本技術意思有する石油事業者にその採掘ゆだねるのは、私契約によることになり、この契約リース契約といわれるのである英米法の国のうち英国オーストラリアは、第一次世界大戦後欧州大陸諸国同様に地下鉱物土地所有に関係なく国に属することに切り替えたので、現在このシステム維持している国は米国カナダである。米国カナダには、私有地のほかに広大連邦有地および州有地があり、これらの政府それぞれの保有地を石油・ガスのリースに付するための手続について成文法規を定めているが、そのリース契約内容についてはコモン・ローに従っている。石油事業者にとっては、地下石油資源のほかに地表を含めた土地全体所有することは必ずしも必要ではなく適法他人土地立ち入り石油資源探鉱開発を行うことができればよい。そこでリース契約は、石油活動に必要とする以外の土地使用収益土地所有者留保したままにしておくとともに土地所有者には対価として生産される石油一部引き渡すという条件石油・ガス採掘権という法的権益創出するための取決めである。リースは、不動産使用権賦与という点ではその本来の意味である土地家屋賃貸借似ているが、土地構成部分である石油資源石油事業者採取持ち去るという点では売買にも似ているこのため米国学説判例においては、リースの当事者の関係は地主landlord)と借地人(tenant)の関係でなくて、むしろ売主vendor)と買主(vendee)の関係に近い、とか、売買賃貸借両方性質分有している、とかいわれている。
(2) リースの法律的性質土地所有者は、地表所有権とともに地下埋蔵されている石油資源所有権を持っていて、リースによって石油資源所有権のみを石油事業者譲渡する、と考えれば、リースは埋蔵石油資源という独立した有体不動産自体移転させる契約となる。また、土地所有者埋蔵石油資源について独立所有権を有しているわけではなく自己の所有地の地下石油資源探鉱採掘する排他的権利をもっているにすぎない、と考えれば、リースにより石油事業者取得するのは埋蔵石油資源所有権ではなくて、その土地立ち入り、その石油資源探鉱採掘する権利、すなわち一種無体財産権だ、ということになる。これに関して米国の産油州によって埋蔵石油資源所有原則異なっているが、後者の説が一般的であって、純粋に所有原則に基づくリースの性質採用している州は、テキサス州ほか二、三にすぎない。そこでリースの法的性質は、(i) 当該取り決め対価石油生産なくしては実現しないこと、(ii) リース権者レッシー)は探鉱開発活動実行する義務を負っていること、(iii) 開発不履行がリースの終了原因であること、(iv) リース権者取得する権益は、当該土地立ち入り排他的石油資源探鉱開発生産に必要な行為をなしうること、にあるといえる。これは不動産に関する権益移転形成としては、ライセンス呼ばれるものに近いのであるが、純粋なライセンスとは異なりいわゆる権益結合したライセンス」として、それに基づく権益譲渡可能であり、土地所有者レッサー)による一方的取り消し不可能な、土地収益(profit à prendre)を発生せしめるものと解される。
(3) リースの内容:リースという契約方式にはあらゆる場合に共通する典型はなく、抽象的にリースの条項分析しても直ちにリース全部通用するものが求められるとはいいがたい。しかし、特に重要な条項は、(i) 権利賦与条項、(ii) 期間条項、(iii) 掘削条項、(iv) ロイヤルティ条項四つである。権利賦与条項(granting clause)は、いかなる権益がリース権者賦与されるかを決定するもので、同時にその対価としてのキャッシュ・ボーナスの規定を持つ。期間条項habendum clause)は、リースの存続期間定める。基本的にはリースは確定期限primary term付きであるが、また確定期限内に商業量生産が可能となった場合、その生産が続くかぎりリースは有効に存続することが定められている。掘削条項drilling clause)は、ディレイ・レンタル条項とも呼ばれる。その目的はリースされた土地において、リース権者石油資源探鉱掘削などの作業を行うことを担保することである。リース賦与者の利益石油遅滞なき生産によってのみ実現されるところから、リース権者石油探鉱掘削活動確定期限内の一定期日までに始めないときは、リース賦与者が当該リースを無効とするか、あるいはリース権者探鉱掘削遅延させる権利対価としてある金額ディレイ・レンタル)を支払うことを要求しうることを定め条項である。この条項には、オア型(or type)とアンレス型(unless type)の二つがある。ロイヤルティ条項は、石油発見され商業量生産が行われるようになった場合、リース賦与者がリース権者から、生産された石油の量の一定割合現物もしくは価額で、なんら代償支払わずに受け取る権利定め条項であり、米国ではこの割合1/8(12.5 %)とされるのが普通である。この場合、なんら代価支払わずにということは石油探鉱開発生産費負担することなく、という意味である。このように、リースが成立するとリース賦与者は、当該土地における石油資源探鉱開発権利をリース権者譲渡したことになるが、ロイヤルティ取得権利将来生産ボーナスを受け取る権利ディレイ・レンタル対す権利などを留保する。
(4) リースの終了:リースの期間条項規定されている最初確定間内商業量生産が得られなかったときは、リースは原則的に当然に終了する。また、確定間内掘削が行われず、ディレイ・レンタル支払われなかった場合、アンレス型リース(現在はこの型が主流)の下では、リースは当然に終了するのが原則である。このほか、リースにかかわる他の明示もしくは黙示規定にリース権者違反した場合は、リース賦与者は裁判によりリース権益回復することができる。この場合要件通常、リースの中に没収条項(forfeiture clause)として挿入されている。
このほかに、リース権者による放棄(abandonment)と解約surrender)がある。放棄意思はリース権者事実上これを示すこともできるし、争う場合にはリース賦与者側に立証責任がある。解約はリース権者とリース賦与者の間に、リース権者のリース上の権益放棄する意思についての合意が得られたときに成立する。

ハベンダム・クローズ

読み方はべんだむ くろーず
【英】: habendum clause
同義語: リース  

»リース

リース lease

機械設備などを賃貸しする制度のこと。購入するよりも借りた方が経済的に有利な場合利用する。

リース

名前 LeeceLysReeceReithRiisLeithReesRiesRieszReeseRhysRiessLeasLeaseLeathLeesLeeseLeissLeysLiesLisLissReeReissResRessRheesRiese

リース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/07 09:22 UTC 版)

リースlease)とは、リース会社が、企業などが選択した機械設備等を購入し、その企業に対してその物件を比較的長期にわたり賃貸する取引をいう[1]。リース対象物件は中古・新品を問わないが、多くの場合新品物件をリース会社が借手企業の代わりに購入した後、貸し出す。物品の所有権はリース会社にあるが、企業は自社で購入した場合とほぼ同様にして物件を使用できる為、日本を含め世界中で設備投資の手段として広く普及している。


[ヘルプ]
  1. ^ 森住祐治『リース取引の実際(第三版)』日経文庫 2000年 p12。
  2. ^ 加藤 建治『最新リース取引の基本と仕組みがよ~くわかる本』秀和システム 2006年 P145参照、リース比率等のデータも同様。
  3. ^ 森住祐治『リース取引の実際(第三版)』日経文庫 2000年 p185。
  4. ^ 企業会計審議会・企画部会資料 IFRSに関する欧州調査出張(フランス・ドイツ・EFRAG)調査報告書
  5. ^ 企業会計審議会 国際会計基準(IFRS)への対応のあり方に関する当面の方針
  6. ^ 企業会計基準委員会 改訂公開草案「リース」(和訳)
  7. ^ 英語版及び日本語版がIASBホームページ「Leases」で公開されている。
  8. ^ IFRS新リース会計基準 公開草案 付録A参照。
  9. ^ IFRS新リース会計基準 公開草案 付録B1-B3
  10. ^ IFRS新リース会計基準 公開草案 付録B4
  11. ^ 企業会計基準委員会「リース会計に関する論点の整理」P30。
  12. ^ IFRS新リース会計基準 公開草案 P8



リース

出典:『Wiktionary』 (2011/07/20 07:33 UTC 版)

名詞1

  1. 長期賃貸日本における実体としては、当該物件購入係る金融行為であることが多い。
関連語

語源

名詞2

  1. などで作られた装飾用の(わ)。特にクリスマス時期に飾られる。

語源






リースと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

リースに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「リース」の関連用語

リースのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

HIMRシステム

背斜

デトロイト

合成ガソリン

μ-s特性

ディシジョン・ツリー

運転注意力モニター

繰延係数





リースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2016by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
フランチャイジングJPフランチャイジングJP
Copyright(C)1999-2016 franchising.jp All rights reserved
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2016 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2016 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのリース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS