雨燕とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 動物名 > 雨燕の意味・解説 

あま つばめ [3] 【雨燕

アマツバメ目アマツバメ科鳥の総称全長1025センチメートルツバメに似るが,翼が著しく細長く鳥類中最も速く飛ぶことができるという。翼が鎌(かま)のように見えるので,カマツバメとも呼ばれる
アマツバメ一種全長20センチメートル。体は黒褐色で腰が白い。海浜高山などの岩壁にすみ,昆虫を食う。日本には夏鳥として渡来

雨燕

読み方:アマツバメ(amatsubame)

アマツバメ科渡り鳥

学名 Apus pacificus


雨燕

読み方:アマツバメ(amatsubame)

アマツバメ科コロニー性で外敵の近寄りにくい崖や洞穴の中などに営巣

季節 夏、春

分類 動物





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「雨燕」の関連用語

雨燕のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

岡谷 三男

オイカワ

FZ1 FAZER

方面及び方向及び道路の通称名の予告

ワインの飲み頃温度

ホワイト・レディ

定規

白丸太鳥居





雨燕のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2017 Weblio RSS