肘関節とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > 関節 > 肘関節の意味・解説 

肘関節

読み方ちゅうかんせつ
学名Articulatio cubiti
【英】:Elbow joint

肘関節は上腕骨橈骨尺骨の3骨の間に生じた複関節で、肘の屈伸を行う。したがって分類状は1軸性蝶番関節とみることができる。上腕骨滑車尺骨滑車切痕との間の腕尺関節上腕骨小頭橈骨頭との間の腕橈切痕との間の上頭尺関節が共通の関節包におおわれる。しかし後者機能的には下橈尺関節とともに前腕回旋に関係するので、前2者とは別に記載するのが通例である。上腕骨内側および外側上顆関節包におおわれない。関節包内側外側それぞれ内側側副靱帯および外側側副靱帯によって補強される。橈骨輪状靱帯は、関節包内面肥厚した幅約1cm靱帯で、尺骨橈骨切痕前縁からおこり、橈骨関節環状面を輪状とりまいたのち、再び尺骨橈骨切痕後縁につく。この靱帯関節腔に面した部分軟骨性となり、尺骨橈骨切痕とともに上橈尺関節における関節窩形成する。肘関節における屈伸運動の役割演ずるのは腕尺関節である。しかし上腕骨滑車内側部の直径外側部のそれよりやや大きいため、肘を伸ばすと、その時尺骨長軸は、上腕骨長軸よりも外方へ約1020°の傾きを示す。この角をcarrying angleという。しかし肘を曲げたときは、両骨の長軸重なり合う

A03509001a.jpg (22816 バイト)

A03509001b.jpg (20661 バイト)

A03509001c.jpg (19946 バイト)

A03509001d.jpg (12698 バイト)

A03509001e.jpg (19711 バイト)


肘関節

読み方ちゅうかんせつ
【英】:elbow joint, cubital joint, articulatio cubiti

肘関節は、上腕骨前腕骨の間の複合ちょうつがい関節elbow語源は、el-がギリシャ語のオレーネ「肘、前腕」、bowは「弓、曲げる」を意味するので、elbowとは、「腕を曲げる」の意。cubitalは、ローマ時代cubitus「肘」由来言葉

肘関節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/26 16:03 UTC 版)

肘関節(ちゅうかんせつ)は、にある関節。肘関節は上腕骨橈骨尺骨から成る関節であり複関節に分類される。蝶番関節としても分類される。




「肘関節」の続きの解説一覧





肘関節と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「肘関節」の関連用語

肘関節のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

恥骨結合

股関節

正中環軸関節

手の関節

外側環軸関節

膝関節

股関節

膝関節





肘関節のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2016 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
JRA競走馬総合研究所JRA競走馬総合研究所
Copyright (C) 2016 JRA競走馬総合研究所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの肘関節 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS