粗飼料とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 飼料 > 粗飼料の意味・解説 

そ しりょう -しれう [2] 【粗飼料】

繊維多く,可消化養分少な飼料生草干し草(わら)など。 ↔ 濃厚飼料

粗飼料


粗飼料とは、牧草青刈り作物栽培し、刈り取って貯蔵したのち、牛に与えるものをいいます。 粗飼料に多く含まれる繊維質は、乳牛反すう胃の働きを正常に保つためにも、また乳質よくするためにも 欠かせない成分なのです


粗飼料



主な牧草種類は、イネ科牧草の王といわれるイタリアンライグラスオーチャードグラス、あるいは青刈り作物では稲わらなども利用されています。
刈り取っ牧草青刈り作物は、貯蔵のために乾燥加圧発酵などの処理をします。 日光風にあてて乾燥させ、さらに通風加熱したり、細かく砕いて加圧して、たとえば5cmくらいの立方体状のヘイキューブなどの形で、貯蔵飼料にします。 また、サイレージは、刈り取っ材料乳酸菌作用発酵させたもの。サイレージ貯蔵方法としてはサイロがよく知られていますが、最近では牧草ロールケーキ状にして、これをビニール密封するロールベールサイレージという方法採用されています。 サイロ施設いらないので、生産費節減に役立つのです。

日本各地公共育成牧場があり、子牛放牧育てています。これは放牧によって、粗飼料に適した反すう胃がつくられるためでもあるのです。


<ミルククラブ情報誌'97 SPRING vol.23より>

粗飼料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/03/09 19:39 UTC 版)

粗飼料(そしりょう)とは、家畜に給与する飼料の中で、生草、サイレージ乾草、わら類等を指す。 反芻家畜にとって粗飼料は反芻胃の機能を維持するために不可欠であり、主要なエネルギー、栄養素補給源となるが、一般に粗飼料の栄養価は濃厚飼料に比べて低く、繊維含量が高いため重量当たりの容積は濃厚飼料よりも大きい。 しかし、トウモロコシソルガムのサイレージや出穂前の牧草の中には濃厚飼料に匹敵する栄養価をもつものもある。 逆に、わら類のように繊維含量が高く、栄養価の低いものを低質粗飼料と呼ぶ。




「粗飼料」の続きの解説一覧





粗飼料と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

粗飼料に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「粗飼料」の関連用語

粗飼料のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

生乳

サイロ

ティートカップ

バーンクリーナー

鼻紋

オーチャードグラス

受乳検査

部分脱脂乳





粗飼料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2017 Japan Dairy Council All right reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの粗飼料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS