乾草とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > > 乾草の意味・解説 

乾草


乳牛飼料となる牧草乾燥させたものを乾草といいます。生育しているときの水分は、約6585%ですが、乾草では大気中の水分含量とほぼ同じ1215%になります。
乾草にする目的は、飼料としての保存性を高めることや、水分減少によりビタミンミネラル 等の成分比率高めることなどが挙げられますが、その他に次の様な効果あります

1.牛の唾液分泌盛んにする。
2.胃の中で、微生物繊維分解をする働き補助する。
3.水分の多い飼料与えるときに、同時に供給することで軟便を防ぐ。
4.子牛第一胃発達促進する。
5.生乳乳脂肪減少を防ぐ。



乾草


乾草

ほとんどの牧草は乾草にすることができますが、葉の形状などによって、乾燥速度異なります。肉薄中空になっているローズグラスやイタリアンライグラス乾燥速度速いので、そのまま乾草としますが、が厚かったり、中空になっていないソルガムアルファルファ細断圧砕して乾燥速度早めます。また、牧草大きく巻いたロールベールのような乾草もあります 乾燥方法には、そのまま天日干しをする方法や、太陽熱暖め空気室内に送って乾燥させるソーラハウス、屋根ビニール作り太陽熱暖めるビニールハウスなどがあります。他には強制的常温の風や、加熱した風を当て乾燥させる方法あります細切りした牧草形成して作るキューブペレットなどの飼料は、この強制火力乾燥によって作られます。そうすることで、乾燥工程中でビタミンカロチンなどの破壊防止することもできます



<ミルククラブ情報誌'95 SPRING vol.15より>


乾草

読み方:ホシクサ(hoshikusa)

冬期家畜飼料として夏の間にを刈り乾燥したもの

季節

分類 人事


干し草

(乾草 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/29 09:04 UTC 版)

干し草(ほしくさ)とは、主に家畜飼料として用いられる、を刈り取って乾燥させたもののことである。多くの場合、ライムギクローバーアルファルファ等が用いられる。通常は柔らかく栄養価の高い草から作られるが、気温の高い乾燥地帯では、やむを得ず非常に硬い栄養価の低い草から作られることもある。




「干し草」の続きの解説一覧





乾草と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「乾草」の関連用語

乾草のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

体型

ナチュラルチーズ

固形飼料

WTO

出産

集送入

搾乳ロボット

ナチュラルチーズ





乾草のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2017 Japan Dairy Council All right reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの干し草 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS