符号分割多重接続とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 接続 > 符号分割多重接続の意味・解説 

符号分割多重接続

読み方ふごうぶんかつたじゅうせつぞく
【英】CDMA, Code Division Multiple Access

符号分割多重接続とは、無線通信通信方式一つで、発信者の音声信号には符号付けられ、他の発信者の音声信号合成されて受信側に送る方式のことである。携帯電話などの無線通信に使われる方式一つで、CDMA方式呼ばれることもある。

符号分割多重接続では、発信者のそれぞれ別個のデジタルコードを割り当て合成して、1つ信号として送る。コード端末基地局共有し、合成した信号再度分解する。こうした方式によって、通信システム中間的簡易化が可能になる。

携帯電話のほかの用語一覧
通信方式:  FMC  HSDPA  ハンドオーバー  符号分割多重接続  隠れ端末問題  基地局  キャリアアグリゲーション





符号分割多重接続と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「符号分割多重接続」の関連用語

符号分割多重接続のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Droid 3

MEDIAS U N-02E

Amiga

dynabook UX

肩付きルビ

多重分岐

レグザタブレットAT300

Xperia arc





符号分割多重接続のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ符号分割多重接続の記事を利用しております。

©2017 Weblio RSS