仰臥位とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 介護用語 > 仰臥位の意味・解説 

仰臥位(ぎょうがい)


仰臥位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/10 17:58 UTC 版)

仰臥位(ぎょうがい、: supinus: supine position[1][2])または背臥位(はいがい、: Rückenlage[1]、英: dorsal position[2])とは、主にヒト解剖学やその応用である介護看護学スポーツ医学やその他分野(人間工学など)における体位の表現のひとつ。身体の長軸を重力ベクトルに対して水平に静止させた水平位(horizontal position)の一種であり[1]、背部を地につけ臥床させた、いわゆる仰向け(あおむけ)に寝た姿勢のことである[2]歯科など、座位と水平位を頻繁に変換する領域では、水平位を仰臥位とほぼ同義な用語として用いることも多い。この体位において、顔面は天を向け[1]、上肢は体幹側で自然に伸展させるのが一般的である[1][2]。下肢は左右に少し開いて自然に伸展させるか[1][2]、膝の下に枕などを敷き少し屈曲させ[3]足関節は中間位(底屈・背屈させない)とすると筋肉への負荷が少ない[2]。また、脊柱の彎曲に沿って、頭頸部や大腿部、および足底部(踵骨隆起)を枕で支えることもある[3]


  1. ^ a b c d e f g h 内薗耕二・小坂樹徳(監修)『看護学大辞典』第四版、メヂカルフレンド社、1994年11月、449頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 張替直美「仰臥位」『看護学辞典』日本看護学協会、2003年3月、150頁。
  3. ^ a b c d 大橋優美子ら(監修)『看護学学習辞典』第2版、学習研究社、2002年11月、796-799頁
  4. ^ 武内重五郎『内科診断学』改定15版、南江堂、1997年5月、p60。


「仰臥位」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

仰臥位に関連した本

仰臥位に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「仰臥位」の関連用語

仰臥位のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




仰臥位のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
あったかタウンあったかタウン
(c) copyright2014 kaigo-service.all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仰臥位 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS