お天気カメラとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > カメラ > お天気カメラの意味・解説 

お天気カメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/07 14:21 UTC 版)

お天気カメラ(おてんきカメラ)とは、テレビ放送局や、最近はインターネットの(主としてマスコミ系)サイトでも公開されている定点観測用のカメラ装置の総称である。放送業界では、「天カメ」と省略して言うことがある。また、NHKでは「ロボットカメラ」、民放では「情報カメラ」や「パノラマカメラ」など、独自の名称を付ける放送局もある。


  1. ^ 当時はTBS系列だった。
  2. ^ ただし、この場合は経費削減(1回の中継にかかる費用は規模にもよるが数十万円から100万円台となる)が第一目的であるが、演出的な目新しさ(=独自性)を狙ったものでもある。
  3. ^ 特に地方局で高台に本社や演奏所を構える放送局や、NHKに多いパターン
  4. ^ 「特集 東京スカイツリーの送信設備」、『放送技術 2013年9月号』、兼六館出版、2013年8月、 ISSN 0287-8658
  5. ^ 河川の場合、地方局やケーブルテレビ局では、コスト削減等の観点から国土交通省・河川事務所や地方公共団体が設置している監視カメラの映像を利用する場合もある。なお、テレビ神奈川では、放送開始前のフィラーで、自社のベイブリッジカメラが使用できない場合、国土交通省(旧:建設省)河川事務所のカメラ映像を使用していた。
  6. ^ NHKはルミネ壁面、TBSは新宿サザンテラス敷地内の建物屋上にそれぞれ設置されているが、どちらも低層の建築物(人工地盤の上に建てられている)のため、必然的に低い視点にならざるを得ないとも言える。
  7. ^ TBSが苗場プリンスホテル屋上に設置しているものや、日本テレビやフジテレビが草津国際スキー場に設置している無人カメラは「常設ながら冬季限定運用」に該当する。また、NHK新潟も苗場プリンスホテルの低層部に無人カメラを設置しているが、こちらは建物の2階レベルに仮設状態で設置されている。
  8. ^ ちなみに、臨時に設営され運用するカメラの映像回線はIP伝送を用いることが多いといわれている。
  9. ^ 平樹・田嶋亨「ロボットカメラモニタリングシステムの更新」、『放送技術』第67巻(2014年5月号)、兼六館出版、2014年5月、 ISSN 0287-8658
  10. ^ 各放送局の屋上カメラ・ 地震報道用の居室カメラを含む
  11. ^ R1 blog:NHKブログ | ラジオあさいちばん | 渋谷スクランブル交差点のカメラ
  12. ^ 第2部 第3章 第1節 報道技術 I 3「設備関連」、『NHK年鑑2013』 NHK放送文化研究所、日本放送出版協会、2013年
  13. ^ 実際には中部日本放送(CBC、JNN)も当時、名古屋空港にお天気カメラを既設していたが、事故発生前後はたまたま機材整備のため運用を停止していたという。
  14. ^ 福島中央テレビ「原発水素爆発 私たちはどう伝えたのか」
  15. ^ 「福島原発で何が起きたか」ISBN 978-4000246774
  16. ^ NHK静岡放送局静岡第一テレビ(SDT、NNN)、静岡放送(SBS、JNN)、テレビ静岡(SUT、FNN)、静岡朝日テレビ(SATV、ANN)…以上、公共放送1放送局、民間放送4社。







お天気カメラと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

お天気カメラに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「お天気カメラ」の関連用語

お天気カメラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

アプローズ

下顎骨

第二しょうどしま丸

ねじ歯車

2000系

コンマ

8800形

ED501





お天気カメラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのお天気カメラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS