静岡第一テレビとは?

静岡第一テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/14 00:59 UTC 版)

株式会社 静岡第一テレビ(しずおかだいいちテレビ、Shizuoka Daiichi Television Corporation)は、静岡県放送対象地域とし、テレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。




[ヘルプ]
  1. ^ かつては系列局の日本海テレビジョン放送の東京支社も同じビルに入居していた(現在は千代田区内幸町に移転している)。
  2. ^ 『静岡第一テレビ十年史』及び『明日へ翔ぶ : 静岡朝日テレビ二十年史』より。
  3. ^ 映像制作会社|SDTエンタープライズ
  4. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、326頁。
  5. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2016』 コーケン出版、2016年11月25日、333頁。
  6. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、313頁。
  7. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、293頁。
  8. ^ 静岡第一テレビ開局と同時に廃止
  9. ^ 静岡第一テレビ開局のちょうど1年前に開局した静岡朝日テレビ(当時は静岡県民放送)は、東京などでの音声多重試験放送の開始直前に開局したため、モノラル設備での開局となった。開局時期があと半年遅ければ、静岡県民放送が静岡県内で初の音声多重放送実施局になっていた可能性もある。なお、このことから静岡県民放送における音声多重放送の開始は1990年となり、テレビ新広島に次いで遅い開始となってしまった。
  10. ^ 日本テレビフットボールクラブ取締役兼務、前職は日テレ入社後は制作畑→常務→1997年から専務
  11. ^ これは事実上の「ヘリ機体および機材の更新」である。それ以前から取材ヘリコプターは年間占有契約により確保していた。ちなみに静岡ヘリポートの完成・供用開始までは、駐機地が伊東市にあった(静岡第一テレビ10年史より)。
  12. ^ NHKも含めて在静の放送局では最初の導入例となる。2010年4月現在は在静のNHK・民放全局が静岡ヘリポートを拠点としてハイビジョン対応の取材ヘリコプターを保持している。ただし、局の所有ではなくヘリコプター会社と年間契約を結び、専用機を確保して使用している。
  13. ^ サラリーマン、代議士秘書を経て1979年入社の社員1期生、報道部兼制作部→報道部長→営業部長→総務局長→編成局長→取締役→常務→専務を歴任。https://www.it-chiba.ac.jp/cit_news/media/koyu/alumnus/20110515.html
  14. ^ http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNMSJD35901_S2A520C1000000/
  15. ^ http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNMSJD91501_Y3A520C1000000/
  16. ^ 株式会社静岡第一テレビ人事ブログ(リクナビ)
  17. ^ 「Daiichi-TV」コンセプトサイト”. 静岡第一テレビ (2016年1月1日). 2016年1月1日閲覧。
  18. ^ あけましておめでとうございます。 「だいいちテレビ」改め「Daiichi-TV」です。”. 静岡第一テレビ公式Facebook (2016年1月1日). 2016年1月1日閲覧。
  19. ^ 「Daiichi」と「TV」の二列表示。
  20. ^ http://premium.yomiuri.co.jp/sp/#!/news_20160525-118-OYTPT50014
  21. ^ 無免許運転の藤原恭一アナ、同僚の恋人女子アナとも「違法ドライブデート」!? 2017年4月6日閲覧
  22. ^ 無免許運転、静岡第一テレビの藤原恭一アナウンサー解雇処分に 2017年4月18日閲覧
  23. ^ 周波数再編対象チャンネル。2011年11月に53chから現在のチャンネルに変更された。
  24. ^ 一時放送休止だったが、2016年9月から再開。2017年6月から8月までは日曜 6:00 - 6:15に放送。
  25. ^ アニメージュ 1981年4月号』 1981年、徳間書店、全国放映リスト 115頁。
  26. ^ 静岡第一テレビのCM間引き問題について日本民間放送労働組合連合会公式ウェブサイト、2014年6月17日閲覧)
  27. ^ 『テレビを嗤う』堤治郎著、p142-143。ISBN 978-4835515908
  28. ^ 1997年に同じ日本テレビ系列の福岡放送(FBS)がCM未放送問題を起こした際も、このSDTへの対応と同じであった。
  29. ^ 余談だが、固定中継点のすべてをHD化した2006年大会では、SDTがHD中継設備を保持していなかったため、芦ノ湖中継点の技術担当が再び在京の技術会社(テレテック)へと変更された。
  30. ^ このほか、当局の放送エリアに本社を持つ企業(スズキなど)も降板した。
  31. ^ 3年連続! 年間視聴率3冠王! 公式ページ、2017年1月6日閲覧。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「静岡第一テレビ」の関連用語

静岡第一テレビのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

斜プチロル沸石

那珂川

M60

1MビットDRAM

イーグル1

樋橋の落水

頚椎

勝沼堰堤





静岡第一テレビのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの静岡第一テレビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS