衝突被害軽減ブレーキ 衝突被害軽減ブレーキの概要

衝突被害軽減ブレーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/28 23:13 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
衝突警告とブレーキ補助をサポートする(作動イメージ)
リンカーン・MKS(2009年)
ボルボ・S60(2010年)に搭載されたカメラ。レーダーと共に障害物を探知する

概要

衝突被害軽減ブレーキはアクティブセーフティ(予防安全)とパッシブセーフティ(衝突安全)の間に位置し、1991年平成3年)から先進安全自動車(ASV)として研究されてきた[1]2003年(平成15年)2月にモデルチェンジされたトヨタ・ハリアーが市販車で初搭載した[2]。 ただし、ブレーキアシストの早期作動はあったが、自動でブレーキ操作は行われないものだった[3]。 同年6月に発売されたホンダ・インスパイアで初めて自動でブレーキ操作が行われるようになった(CMBS)[4]

衝突被害軽減ブレーキ搭載車両の運転時は車載コンピュータが常時前方への警戒を行っており、前方車両への接近や障害物を感知すると音声などで警告が発せられ、衝突が不可避とシステムが判断した時点で自動的にブレーキをかけて被害の軽減を図る。この他警告の時点でブレーキの効きを強めたり、シートベルトの巻き上げなどの衝突に備えた予備動作も行われる。この衝突の事前準備がアクティブセーフティとパッシブセーフティの間に位置すると表現される所以である。

探査にはミリ波レーダーが使われることが多いが、赤外線を使用する場合もある。ただし赤外線は太陽の直射光線に弱く、朝や夕方など機能が働かない場合があることや約50 mまでしか探査ができないことを留意する必要がある。また雨天時の雨粒による誤認識を考慮し、ワイパー作動時には機能がキャンセルされるものもある。なおレーダーに代わってデジタルステレオカメラも使われている。カメラはレーダーに比べて安価ながらより細かい情報が得られる半面、夜間や悪天候時に性能が発揮できない場合があるため[5]、車両によってはレーダーとカメラ双方を装備することで機能の強化を図っている。

ただし、このシステムはあくまで運転の補助を目的とするものであり、システムに依存した運転を意図して設計されていない。事故が発生した場合は運転者が全責任を負うものであり、自動車メーカー販売店が責任を負うことはないことがすべてのメーカーによって明言され、販売時に必ず説明するようになっている。システム装着車を運転する場合にはこのことを留意した上で運転すべきである。前方監視システム、車両コンピュータ、スロットル制御、ブレーキ制御、シートベルト制御などの複雑な機器の組み合わせが必要なため車両製作後に装着することはできないが、独立してカメラにより警告する機能のみのものは市販されている。

自動停止

日本では、初期の衝突被害軽減ブレーキの自動ブレーキ機能はあくまで衝突時の被害軽減を目的としており、装置を過信してしまうという理由で衝突前の自動停止はあえて規制されていた。しかしボルボが、イギリスから保険会社の人を誘致し、イギリスでのボルボの自動ブレーキ搭載車の事故統計データを示させたことにより規制が撤廃された。これを受け、2009年にボルボ・XC60に搭載された「シティ・セーフティ」[6](海外では2008年搭載)、2010年にスバル・レガシィに搭載された「アイサイト(ver.2)」、両者とも運転者が依存することを避けるために衝突ぎりぎりまでブレーキは掛からないこと[7]から、日本の国土交通省の認可を受けることができた[8]

アイサイト(ver.2)の販売以前は、衝突被害軽減ブレーキは高価なこともあって搭載率は非常に低く、知名度も低かった。長くそのような状況が続いていたが、2010年(平成22年)のアイサイト(ver.2)の発売と共に富士重工業(SUBARU)は積極的にCMなどの宣伝活動を行い、自動停止まで行うという消費者への訴求力の高さや、それまで高価だった衝突被害軽減ブレーキを約10万円という手頃な価格設定とした結果、アイサイト(ver.2)は非常に高い搭載率となり、人気となった。アイサイトのヒットはSUBARUが好業績となる一因とまでなり、それまでの自動車業界の「消費者は安全にはお金を払ってくれない」とされてきた常識を大きく変えるきっかけとなった[9][10]

規制が解除された後も、自動停止まで行ってしまう事に対する反対意見、あるいは衝突被害軽減ブレーキそのものに対する批判も根強く[11]、SUBARU以外の国内メーカーは自動停止まで行う衝突被害軽減ブレーキの搭載に消極的で[12]、しばらくSUBARUのみが国内メーカーで唯一自動停止まで行う衝突被害軽減ブレーキを発売している状況となった。そのような状況だったため、アイサイトが衝突被害軽減ブレーキの代名詞のようになり[13]、誤って衝突被害軽減ブレーキの事をアイサイトと表記するメディア等も存在した。

その後、2012年(平成24年)にマツダがSCBS、ダイハツがスマートアシストを発売し、徐々にSUBARU以外の国内メーカーも自動停止まで行う衝突被害軽減ブレーキの発売を開始しだし、それと共に徐々に衝突被害軽減ブレーキが普及していった。 2013年(平成25年)3月、SUBARUが保有していた各特許が20年を迎え、権利が終了した[14]

2013(平成25) - 2014年(平成26年)には自動車アセスメント (日本)ユーロNCAPIIHSなど、世界中の自動車安全評価に衝突被害軽減ブレーキが加わり、上記評価では全て衝突被害軽減ブレーキの減速性能が問われるため、従来の停止を行わない衝突被害軽減ブレーキは、停止まで行う衝突被害軽減ブレーキに比べて低い安全評価となってしまった。そのような情勢の変化もあり、2014年(平成26年)には日本のメーカーで最後まで衝突被害軽減ブレーキの搭載及び衝突被害軽減ブレーキの自動停止に消極的だったトヨタ[15][16]が、2017年(平成29年)末までに自動停止まで行う衝突被害軽減ブレーキをほぼ全ての車種に搭載すると発表した[17][18]

2015年(平成27年)現在では、ほぼ全ての乗用車の衝突被害軽減ブレーキは自動停止まで行うタイプに切り替わっていく方向で進んでいるが、このような経緯があるため、従来の自動停止まで行わない衝突被害軽減ブレーキの設定がある新車もあり、規制撤廃前の仕様の衝突被害軽減ブレーキは全て自動停止までは行わない仕様となっている。(もっとも、これは規制と開発・販売のタイミングの問題である。市場が求める以上モデルチェンジや仕様変更で自動停止仕様になると思われる。)

普及においても2014年(平成26年)に販売された乗用車の新車の41 %に衝突被害軽減ブレーキが搭載されており、一般的な装備となった[19]。2015年(平成27年)現在では2015年(平成27年)からトヨタセーフティセンスの発売が始まったこと等もあり、さらに普及が進んでいる。

一方、大型商用車の衝突被害軽減ブレーキは自動停止性能に付いては明記していないものがほとんどである。これは大型商用車は車重が重く積載量も大きく変化することや、バスでは急制動がかかることで座席に座っていない乗員が負傷する恐れがあるためである[20]

なお、これらの装置は全て停止可能速度以下でも路面状況などにより100 %停止できるわけではなく、自動ブレーキの作動もセンサーの弱点となる状況により100 %作動するわけではない。ディーラーなどで、客を乗車させて障害物に向かって走行する体験乗車会がスバルを中心に行われているが、マツダのディーラー体験試乗会で自動ブレーキが働かず人身事故が発生したこともある[21]




  1. ^ 実用化されたASV技術”. 自動車総合安全情報. 国土交通省. 2017年1月31日閲覧。
  2. ^ 国内自動車メーカー、電子技術をバックに「安全」ブランドの確立へ”. ELECTRO TO AUTO FORUM. テクノアソシエーツ (2008年). 2015年2月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  3. ^ 運転者の状態に応じて作動する新しいプリクラッシュセーフティシステムを開発”. ニュースリリース. トヨタ自動車 (2005年9月6日). 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年1月31日閲覧。
  4. ^ インスパイアをフルモデルチェンジし発売”. Press Information. ホンダ (2003年6月18日). 2017年1月31日閲覧。
  5. ^ プリクラッシュセイフティ Q&A”. スバルスピリット. 富士重工業. 2010年8月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  6. ^ webCG 関 (2009年6月3日). “追突よサヨウナラ!? ボルボが新しい安全技術を国内導入”. 自動車ニュース. webCG. 2017年1月31日閲覧。
  7. ^ [1][2]
  8. ^ 臼井真粧美 (2010年4月28日). “ありそうでなかった「自動停車」富士重が搭載を実現した理由”. inside Enterprise. ダイヤモンド社. 2017年1月31日閲覧。
  9. ^ ここまで来た! 今話題の自動車「安全技術」最新動向価格.com
  10. ^ “ぶつからないクルマ”、いざ普及へ日系エレクトロニクス 2012年11月23日
  11. ^ 高橋史忠 (2013年11月20日). “【クルマ】自動ブレーキ事故、“伝える”という技術力”. 日経テクノロジーオンライン. 日経BP社. 2017年1月31日閲覧。
  12. ^ “「スバル圧勝、ホンダ惨敗」自動ブレーキ安全度評価でこれだけ差が開いた理由”. 産経ニュース: p. 3. (2014年12月2日). http://www.sankei.com/premium/news/141129/prm1411290002-n3.html 2017年1月31日閲覧。 
  13. ^ 北米でスバル・アイサイトがひと足早くバージョンアップ?clicccar.com 2014年9月30日
  14. ^ 第3965067号、第5042496号、第5127182号
  15. ^ トヨタは2012年(平成24年)に自動停止可能な衝突被害軽減ブレーキを発売しているが、レクサス・LS以外の自動停止能力は低く、自動停止に消極的だった。
  16. ^ 「●トヨタの考えるぶつからないクルマとは「慎重な判断が必要だと考えています。ただ、ドライバーがブレーキを踏むべきであるという大前提がありますから、そのブレーキを踏んでもらうための報知、いわゆる警報が非常に大切です」(稲垣氏)」、「「"ぶつからない"という表現が大勢であることは事実ですが、だからといってその風潮に流されず、トヨタの安全思想でしっかりとPCSを普及させたい」(稲垣氏)」、「NASVAのアセスメントに対してひと言。漏れ聞くところによると、「時速何キロから完全停止できる、できない」といった、表面上の、しかもAEBSの一部性能だけを切り取って数値化する、といったことが取り沙汰されているが、この数値だけを表示することは、結果として歪曲した情報伝達になりかねない。」(講談社刊「ベストカー2013年10月26日号」168p〜169pより引用)
  17. ^ 中西豊紀; 大島有美子 (2014年11月27日). “自動ブレーキ、トヨタが猛追 日米欧で全車種に”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ26H52_W4A121C1TJ1000/ 2017年1月31日閲覧。 
  18. ^ 【トヨタの安全技術】JNCAP予防安全アセスでも高得点見込み…「Toyota Safety Sense」Response 2014年11月27日
  19. ^ 国土交通省 ASV技術普及状況調査 (PDF)
  20. ^ CarWatch 大型バスと乗用車の「衝突被害軽減ブレーキ」を試す
  21. ^ 自動ブレーキ体験試乗会でけが”. NHK NEWS WEB (2018年10月4日). 2013年11月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月11日閲覧。
  22. ^ 産経ニュース 国土交通省、自動ブレーキの国際基準策定へ 新車に義務化を視野に
  23. ^ 中西豊紀 (2016年3月18日). “自動ブレーキ全車種搭載を発表 米当局、22年までに20社”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK17H5D_X10C16A3000000/ 2017年1月31日閲覧。 
  24. ^ 自動ブレーキ、全車種搭載へ…米で大手10社 読売新聞
  25. ^ Lack of standard emergency braking system spoils NCAP performance AM ONLINE
  26. ^ 自動車の車体課税の見直しについて、平成23年11月15日 国土交通省
  27. ^ 大型トラック向けの衝突被害軽減ブレーキ導入に税優遇 2011年12月14日 eJAFMATE
  28. ^ 国土交通省 自動車基準の国際調和、認証の相互承認等に関する「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」等の一部改正について (PDF)
  29. ^ 国土交通省2012年3月12日付け:世界に先駆けて、衝突被害軽減ブレーキの技術基準を策定します!2012年3月12日付け国交省自動車局技術政策課文書 (PDF)「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」等の一部改正について (PDF)
  30. ^ 読売新聞2012年3月13日13S版37面
  31. ^ 物流Weekly
  32. ^ carlifenews 自動ブレーキ搭載バスの税軽減 自民税調
  33. ^ clicccar バスに衝突被害軽減ブレーキの義務化が決定。平成26年11月1日から。
  34. ^ “自動ブレーキ14年義務化 12トン超の新型バスに”. 日本経済新聞. (2012年11月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0103T_R01C12A1CR8000/ 2017年1月31日閲覧。 
  35. ^ Autonomous Emergency Braking - AEB” (英語). EURO NCAP. 2015年2月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  36. ^ WIRED EU、すべての新車に自動ブレーキを義務付けへ
  37. ^ IIHS IIHS safety awards
  38. ^ Response 自動車アセスで被害軽減ブレーキなど試験・評価へ NASVA 来年度から
  39. ^ テレビ東京・ワールドビジネスサテライト 2012/10/17放送内容
  40. ^ bodyshopmag.com Autonomous Emergency Braking lowers insurance ratings
  41. ^ 東洋経済ONLINE 自動車保険、安全技術先進車は10%割引へ
  42. ^ ASV技術によるリスク軽減効果の自動車保険への反映に当たっての課題等について (PDF) - 国土交通省(/2016年1月23日閲覧)
  43. ^ MONOist 「ぶつからないクルマ」の保険割引が中止に、金融庁の認可が必要だった
  44. ^ “自動ブレーキの効果検証 国交省など、急速な普及で”. 日本経済新聞 電子版. (2015年7月17日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO89418750X10C15A7CR8000/ 2017年1月31日閲覧。 自動ブレーキの効果検証 国交省など、急速な普及で
  45. ^ マツダ車自動ブレーキ試乗会事故 4人を書類送検朝日新聞DIGITAL 2014年7月11日
  46. ^ 「自動ブレーキに異常なし」試乗車事故、マツダが発表朝日新聞DIGITAL 2013年12月26日
  47. ^ UDトラックス クオン、阪神高速湾岸線のみで自動ブレーキが謎の誤作動…原因究明へレスポンス 2016年3月18日
  48. ^ 前方障害物衝突軽減制御装置(トラフィックアイブレーキシステム)についてUDトラックス 2016年7月28日
  49. ^ 自動ブレーキ思い込みで事故 「我慢して」と言われ テレ朝ニュース 2017年4月14日
  50. ^ 自動ブレーキ作動せず衝突 全国初の事故 試乗客に「踏むの我慢」と指示 YAHOO JAPANニュース 2017年4月14日
  51. ^ トヨタ自動車 ニュースリリース
  52. ^ 現代ビジネス プリクラッシュセーフティシステム〈最新型〉
  53. ^ 現代ビジネス プリクラッシュセーフティシステム〈従来型〉
  54. ^ IIHS 2014 Toyota Prius v安全評価
  55. ^ IIHS 2015 Toyota Prius v安全評価
  56. ^ NASVA トヨタ予防安全評価一覧
  57. ^ トヨタ自動車、普及を目指した予防安全パッケージToyota Safety Senseを2015年に導入トヨタ自動車 2014年11月26日
  58. ^ LEXUS > プレスリリース > LEXUS、普及を目指した予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を2015年に導入 ― 2017年末までに日本、北米、欧州の全車に設定 ―レクサス 2014年11月26日
  59. ^ CarWatch ホンダ、新型アコード ハイブリッドの衝突軽減ブレーキ「進化型CMBS」体験記
  60. ^ clicccar ホンダ・ジェイドの「先進安全技術」はレジェンド同等のセンサーを使う
  61. ^ 尾崎昂、西條友馬、福井聡一郎、清水大輔「SBS/MRCCの機能/性能向上について (PDF) 」 、『マツダ技報』、マツダ株式会社、広島県安芸郡府中町新地3番1号、2012年11月、 161-165頁、 ISSN 2186-34902017年1月31日閲覧。
  62. ^ [3]
  63. ^ [4] [リンク切れ]
  64. ^ サイクリスト検知機能”. ボルボ・セーフティ. ボルボ. 2014年8月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年1月31日閲覧。
  65. ^ carview キャデラック ATS × セーフティデバイス GM最新の安全デバイスがスゴイ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「衝突被害軽減ブレーキ」の関連用語

衝突被害軽減ブレーキのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



衝突被害軽減ブレーキのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの衝突被害軽減ブレーキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS