東芝EMI本社ビル 東芝EMI本社ビルの概要

東芝EMI本社ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/28 14:45 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
東芝EMI本社ビル
建物外観
情報
用途 事務所録音スタジオ
設計者 鹿島建設
施工 鹿島建設
建築主 東芝イーエムアイ
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造及び鉄筋コンクリート構造
敷地面積 616.36 m²
建築面積 522.45 m²
延床面積 4,362.5 m²
階数 地上7階地下1階
高さ 32.98m
エレベーター数 3基
着工 1980年9月
竣工 1982年5月
所在地 107-8510
東京都港区赤坂2-2-17
座標 北緯35度40分18秒 東経139度44分32秒 / 北緯35.67167度 東経139.74222度 / 35.67167; 139.74222 (東芝EMI本社ビル)座標: 北緯35度40分18秒 東経139度44分32秒 / 北緯35.67167度 東経139.74222度 / 35.67167; 139.74222 (東芝EMI本社ビル)
備考 解体済み。
テンプレートを表示

概要

東芝EMIの創立25周年記念事業として、近隣のビルに分散していた事務所の集約と高度化するアーティストのニーズに対応したスタジオを設ける目的で建設された。この頃に『ルビーの指環』がヒットしたことから「寺尾ビル」の愛称で親しまれ、1階部分ものちに改修したと同時に「宇多田ロビー」と命名された。裏側にある別館についても「ユーミンビル」と呼ばれていた。

構造と外観

階段や設備類を両端に配したダブルコアと、その間に19mの幅がある鉄骨鉄筋コンクリート構造の大を持つスーパーラーメン構造とした事で、1階のロビー及び事務室のある基準階はのない空間が広がり、また事務室のフロアでは高さ1.7mの横連窓が可能になった。窓の両端は、火災時の排煙対策及び非常時の進入口を確保するため、幅3mに及ぶ引き戸となっている。しかし、当時の日本メーカーにはそれに対応できる部品を持つメーカーがなく、ドイツシューコードイツ語版製が用いられた。

目の前の溜池通り地下を東京地下鉄銀座線が走行し、その振動問題などからスタジオを最上階に納めた事に加え、打ち放しのコンクリートグレーメタリックの吹付タイル仕上げとした事から、外観は安定かつ重量感があるものとなった。なお、当初は外壁及び1階ロビーの仕上げ材に着色コンクリートが用いられる予定であったが諸般の事情で見送られたという。

移転~解体へ

2006年7月、東芝EMIは当ビルから赤坂サカス内の赤坂Bizタワーへ本社を移転する事を発表[1]東芝の資本撤退によるEMIミュージック・ジャパンへの社名変更を経て2008年2月から業務を開始した。2013年には、ユニバーサル ミュージック グループEMIを買収した事に伴いユニバーサル ミュージック合同会社合併したため同社の赤坂オフィスとなり、2018年9月に渋谷区神宮前神宮前タワービルディング)へ再度移転するまで利用している[2]。スタジオ機能については品川区で関連会社が運営する「スタジオ・テラ」に移転したが[3]2010年6月30日付で営業を終了した[4]

移転後の建物は解体され、鹿島建設などにより新しいオフィスビルを建設[5]。2010年にこのビルを日本生命保険が取得して[6]ニッセイ溜池山王ビルとなった。

フロア構成


  1. ^ “東芝EMI、本社移転を発表”. オリコンニュース. (2006年7月4日). http://www.oricon.co.jp/news/27067/full/ 2017年8月27日閲覧。 
  2. ^ “本社移転予定に関するお知らせ” (プレスリリース), ユニバーサルミュージック, (2018年7月24日), https://www.universal-music.co.jp/press-releases/2018-07-24/ 2019年7月6日閲覧。 
  3. ^ a b “ザ・ローリング・ストーンズなどがレコーディングをした溜池山王のスタジオが閉鎖に”. rockinon.com. (2008年1月24日). https://rockinon.com/news/detail/1996 2017年8月27日閲覧。 
  4. ^ “EMI、studio TERRAの営業を終了”. Musicman-NET. (2010年4月26日). https://musicman-net.com/business/334 2017年8月27日閲覧。 
  5. ^ “【開発】赤坂のEMIミュージック・ジャパン旧本社跡地などで、鹿島が賃貸オフィスビル2棟を建設”. 日経不動産マーケット情報. (2008年5月26日). http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/fa/members/news/20080516/520286/ 2017年8月27日閲覧。 
  6. ^ “【売買】赤坂・東芝EMI跡地で建設中のビル2棟を取得、日本生命保険”. 日経不動産マーケット情報. (2009年10月23日). http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/nfm/news/20091016/536116/ 2017年8月27日閲覧。 
  7. ^ a b “特集:EMIミュージック・ジャパン、本社移転で2スタ・3スタ営業終了”. 文化通信. (2008年2月8日). http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?id=585 2017年8月27日閲覧。 


「東芝EMI本社ビル」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東芝EMI本社ビル」の関連用語

東芝EMI本社ビルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東芝EMI本社ビルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東芝EMI本社ビル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS