東芝EMI本社ビル 第3スタジオ

東芝EMI本社ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/28 14:45 UTC 版)

第3スタジオ

7階のスタジオ(第3スタジオ)は、ストリングスのような大規模編成に対応できる広さと4.5mの天井高を持ち、ムク材や煉瓦の壁面などで響きのよい環境にこだわった。ミキシング・コンソールニーヴ社製「8078カスタム」を採用。スタジオの閉鎖まで長らく使用され、これは日本で原型のまま稼働していた最後の1台であった[7]

ここから、数多くの楽曲がレコーディングされて世に送り出されたが、アーティストやスタッフの中にはこのスタジオを指名する声も多かったという[7]

録音経験のあるアーティスト

他多数

参考文献

  • 建築思潮研究所「実作資料編・東芝EMI本社ビル」『建築設計資料4 オフィスビル』建築資料研究社、1984年3月、117-121頁。ISBN 4874602525

関連項目


  1. ^ “東芝EMI、本社移転を発表”. オリコンニュース. (2006年7月4日). http://www.oricon.co.jp/news/27067/full/ 2017年8月27日閲覧。 
  2. ^ “本社移転予定に関するお知らせ” (プレスリリース), ユニバーサルミュージック, (2018年7月24日), https://www.universal-music.co.jp/press-releases/2018-07-24/ 2019年7月6日閲覧。 
  3. ^ a b “ザ・ローリング・ストーンズなどがレコーディングをした溜池山王のスタジオが閉鎖に”. rockinon.com. (2008年1月24日). https://rockinon.com/news/detail/1996 2017年8月27日閲覧。 
  4. ^ “EMI、studio TERRAの営業を終了”. Musicman-NET. (2010年4月26日). https://musicman-net.com/business/334 2017年8月27日閲覧。 
  5. ^ “【開発】赤坂のEMIミュージック・ジャパン旧本社跡地などで、鹿島が賃貸オフィスビル2棟を建設”. 日経不動産マーケット情報. (2008年5月26日). http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/fa/members/news/20080516/520286/ 2017年8月27日閲覧。 
  6. ^ “【売買】赤坂・東芝EMI跡地で建設中のビル2棟を取得、日本生命保険”. 日経不動産マーケット情報. (2009年10月23日). http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/nfm/news/20091016/536116/ 2017年8月27日閲覧。 
  7. ^ a b “特集:EMIミュージック・ジャパン、本社移転で2スタ・3スタ営業終了”. 文化通信. (2008年2月8日). http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?id=585 2017年8月27日閲覧。 


「東芝EMI本社ビル」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東芝EMI本社ビル」の関連用語

東芝EMI本社ビルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東芝EMI本社ビルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東芝EMI本社ビル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS