世界保健機関 論争となった出来事

世界保健機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/30 03:22 UTC 版)

論争となった出来事

新型インフルエンザ、パンデミック誤警告と企業癒着問題

2009年から10年にかけての新型インフルエンザの世界的流行に際し、WHOのマーガレット・チャン事務局長は「今、すべての人類が脅威にさらされている」として、新型インフルエンザをすべての人類の脅威とする広報を行った。その後、新型インフルエンザが弱毒性である事が発覚するも、顕著な感染や死亡の被害が著しい事態を想定した警告であるフェーズレベル6/6と警告し、パンデミック(世界的大流行)を宣言した。 しかし初の「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)の対象にまでになった新型インフルエンザは前例のない保健当局と科学者と製薬会社が強力に連携する体制をもたらしたが[52]、実際は他の季節性インフルエンザと大差ないレベルのインフルエンザで被害も小さなものであった[53]

一連のWHOの誤報への批判が高まり[54]、これを重く見た欧州議会は、パンデミック宣言に至った経緯の調査に踏み出す事態となった。欧州議会のボーダルク英語版前保健衛生委員長は、WHOの宣言は偽のパンデミックであったとして問題提起をしている。WHOの意思決定には製薬会社の意向が大きく影響した可能性が高いとしている。製薬会社は研究所などで働く科学者へ大きな影響力を持っており、この事と今回WHOが広く科学者の意見を求めた事がその影響力を強める原因になったと語っている。一方、新型インフルエンザワクチン製造なども行い、世界最大規模の製薬会社であるグラクソ・スミスクライン社(英国)は、製薬会社がWHOのパンデミック宣言に影響を与えているなどの認識は誤りであるとインタビューに応えている[55]

2010年1月になるとワクチンが世界的に余剰状態となり、キャンセルや転売が相次ぐ事態となっている。

IAEAに従属

1959年に結んだIAEAとの規定では、「IAEA(原発推進を掲げている)の許可なしに、放射線の影響における科学論文を公表してはならない」となっている[56]。WHO事務局長であった中嶋宏は、この事について「放射線の影響の研究に関しては、WHOはIAEAに従属している。原子力が健康を従えているのだ」と発言している[57]

COVID-19 をめぐる対応の遅れと政治性の指摘

2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患の対応をめぐり、流行が始まった2019年12月の時点でヒトからヒトへの感染が起きた可能性があるという報告を台湾から受けていたにもかかわらず、台湾によるWHO総会への参加が認められていないことや情報を国際社会に示さなかったことへの批判がある[58]

2020年4月、アメリカのドナルド・トランプ大統領はCOVID-19をめぐるWHOの一連の対応について「失敗」と評価。また、アメリカから大規模な出資を受けながら「中国中心主義」で、世界に不適切な提言を行っていると批判し、WHOへの拠出金を停止する考えを示した[59]。 同国国務省は「公衆衛生より政治を優先した」と批判した上で「アメリカを含む加盟国はWHOの一連の対応について問題点を検証するべきだ」とした[58]

WHOは台湾からの通知について、AFP通信の取材に対して「ヒトからヒトへの感染について言及はなかった」と否定した[60]。それを受けて台湾当局は「中国の武漢で非定型の肺炎が少なくとも7例出ていると報道されている。現地当局はSARSとはみられないとしているが、患者は隔離治療を受けている」といった内容が含まれるWHO宛の通知の全文を公開し、「隔離治療がどのような状況で必要となるかは公共衛生の専門家や医師であれば誰でもわかる。これを警告と呼ばず、何を警告と呼ぶのか」と述べ、WHOが台湾の情報を生かしていれば、感染拡大へ早く対処できたと主張した[60][61]

トランプ大統領は5月29日のホワイトハウスでの記者会見でWHOが「中国寄り」であることを改めて批判。年間4億5千万ドル規模とされるWHOに対する米国の拠出金を他の保健衛生関連の国際組織に振り向け、WHOとの関係を断絶すると発表し[62]、7月6日には2021年7月6日付でWHOを脱退することを国連に正式通告した[63]

2021年1月20日にジョー・バイデンが後継の大統領に就任し、その日のうちにWHOからの脱退を撤回する大統領令に署名[64]、また翌21日にはCOVID-19ワクチンを共同購入するための国際的な枠組み(COVAX)への参加を表明するなど、政権交代によってアメリカの姿勢は大きく転換された[65]


注釈

  1. ^ WHO は「ダブリュー・エイチ・オー」とイニシャル読みするのが正しく、「フー」とアクロニム読みにはしない。しかし、辞書によっては「フー」という表記も見られる[2]

出典

  1. ^ a b https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/kokusai/who/index.html 「日本とWHO」日本国厚生労働省 2020年5月12日閲覧
  2. ^ 医師の転職支援「専門医局」サイトの用語集に「WHO(フー)」として、世界保健機関の記載がある。
  3. ^ 日本国外務省、公衆衛生国際事務局設置に関する千九百七年のローマ協定 (PDF)
  4. ^ 「世界地理大百科事典1 国際連合」p322-323 2000年2月1日初版第1刷 朝倉書店
  5. ^ Fenner, Frank (1988). “Development of the Global Smallpox Eradication Programme” (PDF). Smallpox and Its Eradication (History of International Public Health, No. 6). Geneva: World Health Organization. pp. 366-418. ISBN 92-4-156110-6. http://whqlibdoc.who.int/smallpox/9241561106_chp9.pdf 
  6. ^ 「人類と感染症の歴史 未知なる恐怖を越えて」p24 加藤茂孝 丸善出版 平成25年3月30日発行
  7. ^ 「世界地理大百科事典1 国際連合」p330 2000年2月1日初版第1刷 朝倉書店
  8. ^ http://idsc.nih.go.jp/disease/polio/yobou.html#whoprogram 「ポリオ」感染症情報センター 2020年5月12日閲覧
  9. ^ https://www.forth.go.jp/moreinfo/topics/2018/06191125.html 「ポリオの状況-2018年6月12日現在」日本国厚生労働省検疫所FORTH 2018年 2020年5月12日閲覧
  10. ^ https://www.forth.go.jp/topics/201903110002.html 「伝播型ワクチン由来Ⅰ型ポリオウイルス-パプアニューギニア」日本国厚生労働省検疫所FORTH 2019年 2020年5月12日閲覧
  11. ^ https://atm.eisai.co.jp/ntd/onchoserciasis.html 「河川盲目症」エーザイ株式会社 2020年5月12日閲覧
  12. ^ 世界的流行の恐れある病原体 WHOが新リスト作成へ”. www.afpbb.com. 2022年12月11日閲覧。
  13. ^ サル痘を「エム痘」に WHO、名称変更へ”. www.afpbb.com. 2022年12月11日閲覧。
  14. ^ World Health Organization > Health Topics > Data>Data Repository > By Theme
  15. ^ World Health Organization > Health Topics > Data>Data Repository > By Indicator
  16. ^ World Health Organization > Health Topics > Data>Data Repository > By Theme > Mortality and Global Health Estimates
  17. ^ World Health Organization > Health Topics > Data>Data Repository > By Theme > Mental Health
  18. ^ World Health Organization > Health Topics > Data>Data Repository > By Theme > Health Financing
  19. ^ World Health Organization > Publications
  20. ^ World Health Organization > Publications > World health Statistics
  21. ^ https://www.mhlw.go.jp/bunya/kokusaigyomu/who/ 「WHO総会について」日本国厚生労働省 2020年5月12日閲覧
  22. ^ https://www.mhlw.go.jp/bunya/kokusaigyomu/who/eb.html 「WHO執行理事会について」日本国厚生労働省 2020年5月12日閲覧
  23. ^ 「世界地理大百科事典1 国際連合」p324-325 2000年2月1日初版第1刷 朝倉書店
  24. ^ a b https://www.unic.or.jp/info/un/unsystem/specialized_agencies/who/ 「世界保健機関」国際連合広報センター 2020年5月16日閲覧
  25. ^ Countries”. 2016年6月1日閲覧。
  26. ^ a b https://www.japan-who.or.jp/commodity/soshiki.html 「WHOの組織について」公益社団法人日本WHO協会 2020年5月16日閲覧
  27. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/hakusyo/04_hakusho/ODA2004/html/siryo/sr3320012.htm 「政府開発援助(ODA)白書 2004年版 資料編 第3章 第3節12 世界保健機関(WHO:World Health Organization)」日本国外務省 2020年5月11日閲覧
  28. ^ WHO | Programme Budget Web Portal”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  29. ^ WHO | Programme Budget Web Portal”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  30. ^ WHO | Programme Budget Web Portal”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  31. ^ WHO | Programme Budget Web Portal America”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  32. ^ WHO | Programme Budget Web Portal Japan”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  33. ^ WHO | Programme Budget Web Portal China”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  34. ^ WHO | Programme Budget Web Portal America”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  35. ^ WHO | Programme Budget Web Portal Bill+&+Melinda+Gates+Foundation”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  36. ^ WHO | Programme Budget Web Portal United+Kingdom+of+Great+Britain+and+Northern+Ireland”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  37. ^ WHO | Programme Budget Web Portal China”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  38. ^ WHO | Programme Budget Web Portal”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  39. ^ WHO | Programme Budget Web Portal Bill+&+Melinda+Gates+Foundation”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  40. ^ WHO | Programme Budget Web Portal GAVI+Alliance”. open.who.int. 2020年5月12日閲覧。
  41. ^ WHO | Programme Budget Web Portal America”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  42. ^ WHO | Programme Budget Web Portal Bill+&+Melinda+Gates+Foundation”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  43. ^ WHO | Programme Budget Web Portal United+Kingdom+of+Great+Britain+and+Northern+Ireland”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  44. ^ WHO | Programme Budget Web Portal GAVI+Alliance”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  45. ^ WHO | Programme Budget Web Portal Germany”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  46. ^ WHO | Programme Budget Web Portal Japan”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  47. ^ WHO | Programme Budget Web Portal United+Nations+Office+for+the+Coordination+of+Humanitarian+Affairs”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  48. ^ WHO | Programme Budget Web Portal Rotary+International”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  49. ^ WHO | Programme Budget Web Portal World+Bank”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  50. ^ WHO | Programme Budget Web Portal European+Commission”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  51. ^ WHO | Programme Budget Web Portal”. open.who.int. 2020年5月11日閲覧。
  52. ^ Abelina A (2011). “Lessons from pandemic influenza A(H1N1) The research-based vaccine industry's perspective” (PDF). Vaccine 29: 1135-1138. doi:10.1016/j.vaccine.2010.11.042. PMID 21115061. オリジナルの2011年10月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111009120413/http://www.evm-vaccines.org/IMG/pdf/Lessons_from_pandemic_influenza.pdf. 
  53. ^ “(UPDATE) WHO declares first 21st century flu pandemic / Reuters”. ABS-CBN News. (2009年6月11日). オリジナルの2009年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090612150735/http://www.abs-cbnnews.com/world/06/11/09/who-set-declare-first-flu-pandemic-1968 2014年6月25日閲覧。 
  54. ^ WHO admits errors in handling flu pandemic Posted by NBS
  55. ^ Alex Newman (2010年1月5日). “Europe to Investigate WHO 'False Pandemic' Scandal”. The New American. https://thenewamerican.com/europe-to-investigate-who-false-pandemic-scandal/ 2014年6月25日閲覧。 
  56. ^ IPPNW (PDF) 12p
  57. ^ ECRR 2010年勧告 (PDF) 40p
  58. ^ a b 「WHOは公衆衛生より政治を優先」米国務省が検証の考え”. NHK (2020年4月11日). 2020年4月11日閲覧。
  59. ^ トランプ氏「WHOは中国寄り」、新型コロナ対応で批判 拠出金停止も」『Reuters』、2020年4月8日。2020年4月29日閲覧。
  60. ^ a b 台湾 12月末にWHOに送った文書公表“武漢で非定型肺炎””. NHK (2020年4月11日). 2020年4月11日閲覧。
  61. ^ 台湾が昨年末、WHOに警告「武漢の肺炎で隔離治療」”. 朝日新聞 (2020年4月11日). 2020年4月11日閲覧。
  62. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年5月30日). “トランプ氏、香港の優遇措置見直し WHOと「断絶」も”. 産経ニュース. 2020年5月30日閲覧。
  63. ^ 米、WHOを21年7月に脱退へ 国連に正式通告”. 日本経済新聞 (2020年7月8日). 2020年7月8日閲覧。
  64. ^ “米 バイデン新大統領 WHO脱退の撤回命じる大統領令に署名”. NHK NEWSWEB. NHK. (2021年1月21日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210121/k10012825481000.html 2021年1月23日閲覧。 
  65. ^ “米 ワクチン共同購入“国際枠組み”参加へ”. 日テレNEWS24. 日本テレビ放送網. (2021年1月22日). https://news.ntv.co.jp/category/international/808210 2021年1月23日閲覧。 
  66. ^ https://www.who.int/communicating-for-health/functions/campaigns/en/ 「Health campaigns」世界保健機関 2020年5月16日閲覧
  67. ^ http://amr.ncgm.go.jp/information/20181024102427.html 「毎年11月は、「薬剤耐性(AMR)対策推進月間」です」AMR臨床リファレンスセンター 2020年1月1日 2020年5月16日閲覧
  68. ^ https://www.who.int/news-room/campaigns 「WHO global health days」世界保健機関 2020年5月16日閲覧
  69. ^ https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06247.html 「9月17日は「世界患者安全の日」です」日本国厚生労働省 2020年5月16日閲覧
  70. ^ https://www.who.int/news-room/campaigns/world-chagas-disease-day-2020 「World Chagas Disease Day」世界保健機関 2020年5月16日閲覧
  71. ^ WHO事務局長が謝罪 職員がコンゴで性的虐待”. AFP (2021年9月29日). 2021年9月28日閲覧。






世界保健機関と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世界保健機関」の関連用語

世界保健機関のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界保健機関のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界保健機関 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS