コガネバナ コガネバナの概要

コガネバナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/05 04:31 UTC 版)

コガネバナ
Scutellaria baicalensis flowers.jpg
コガネバナ S. baicalensis
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
: タツナミソウ属 Scutellaria
: コガネバナ S. baicalensis
学名
Scutellaria baicalensis
Georgi (1775)

形態

草丈30cmくらいの小柄な植物で、茎は直立するが、匍匐してよく増える。は対生し、羽状の切れ込みがある。花は夏に穂状花序をなして咲き、藤色で、シソの花によく似た唇形花である。和名の「コガネバナ」は、根の断面が鮮やかな黄色をしているため。ただし個体によって、樺色や褐色のものもある。

徳川吉宗の頃、朝鮮から種子が導入され、小石川養生所(現・東京大学小石川植物園)で栽培されたのが、日本での栽培の最初とされている。

黄芩(おうごん)

オウゴン
生薬・ハーブ
原料 コガネバナ(根)
成分 バイカリンバイカレイン
オウゴニンとその配糖体
オロキシリンA英語版とその配糖体
臨床データ
法的規制
投与方法 経口
識別
KEGG E00062 D06688
別名 黄芩

根を乾燥したものを「黄芩」といい、薬味としては比較的よく使われている。

漢方では、清熱作用、抗炎症作用があるとされ、大柴胡湯、三黄瀉心湯、葛根黄芩湯、乙字湯辛夷清肺湯など、多くの処方に配合されている。

関連項目

外部リンク




「コガネバナ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コガネバナ」の関連用語

コガネバナのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コガネバナのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコガネバナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS