アボリジニ 人種

アボリジニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 16:12 UTC 版)

人種

南オーストラリアのオーストラロイド

アボリジニは人種的にはオーストラロイドに分類される。すなわち、黒人(ネグロイド)とも黄色人種(モンゴロイド)とも白人(コーカソイド)とも異なる人種であるとされているが、近年は「人種」という概念の科学的有効性に対して疑問も提示され、人類を「人種」ではなく約1万年前の居住地域を基準とした地域集団として捉える考え方が提唱されており、その場合はサフール人とされる。体毛は濃く、の色は「黒人」と同様に極めて濃色である。また、非常に特徴的であるが、女性や子どもの髪の色が肌の色とは対照的に金髪をしていることがよく見受けられる。親知らずがきちんと生えるという特徴を持つ[37][38]

現在でも、白豪主義の影響は地方に根強く、アボリジニを含む有色人種への差別事件が時折発生しており、社会問題となっている。また、現在では、白人やアジア人との混血が進んでいて「純粋なアボリジニ」と言える人は少ない。親子兄弟親戚で容姿が大きく異なる場合も珍しくない。アボリジニを支援するNGOに運動員として応募したアボリジニが、肌が白すぎるという理由で不採用になった事例もある[39]

2010年1月14日、国連が、先住民と非先住民の寿命の違いに関する調査結果を公表した。アボリジニは、非先住民との寿命の開きが20年ほどもあり、調査対象となった先住民の中で、最も非先住民との寿命の開きが大きい集団と評価された。国連は先住民に対して、経済・社会・文化における権利がいまだに限定されている可能性を指摘している[40]

飲酒文化を持たず、また遺伝的にもアルコール耐性が極めて低い。特にアルコール分解酵素がまったく無いか極端に少ないため、体質的に少量の酒で泥酔しやすい。他の先住民族問題においてもアルコール依存症は深刻な社会現象だが、特にアボリジニ居住区にアルコール飲料を持ち込む行為はオーストラリアの法律で禁止されており、持ち込んだ場合には罰金が科せられる。

その一方、長らく広大な平原で暮らしていた事から閉所恐怖症を患う人も多く、治療のために伝統的生活に回帰する人も見られる。


  1. ^ 先住民 従来の呼称「アボリジニー」使わず【世界発2018】豪州の日 入植は侵略か[リンク切れ]『朝日新聞』朝刊2018年2月1日(国際面)
  2. ^ design@grafx.com.au, Richard Czeiger:. “Mungo Lady and Mungo Man | Share Mungo Culture | Visit Mungo National Park”. www.visitmungo.com.au. 2016年4月20日閲覧。
  3. ^ Australia: The Land Where Time Began
  4. ^ Bindon, P. A. (1997). “Aboriginal people and granite domes”. Journal of the Royal Society of Western Australia (80): 173–179. http://www.rswa.org.au/publications/Journal/80%283%29/80%283%29bindon.pdf 2016年4月20日閲覧。. 
  5. ^ Hodge, Robert (1990). “Aboriginal truth and white media: Eric Michaels meets the spirit of Aboriginalism”. The Australian Journal of Media & Culture 3 (3). http://wwwmcc.murdoch.edu.au/ReadingRoom/3.2/Hodge.html. 
  6. ^ LANGUAGES OF ABORIGINAL AND TORRES STRAIT ISLANDER PEOPLES - A UNIQUELY AUSTRALIAN HERITAGE”. Australian Bureau of Statistics. Australian Bureau of Statistics. 2015 -5-26閲覧。
  7. ^ "Community, identity, wellbeing: The report of the Second National Indigenous Languages Survey" AIATSIS, 2014. Retrieved 18 May 2015.
  8. ^ 1301.0 – Year Book Australia, 2002 Australian Bureau of Statistics 25 January 2002
  9. ^ Gough, Myles (11 May 2011) Prehistoric Australian Aboriginal populations were growing. Cosmos Magazine.
  10. ^ Pardoe, C. (2006). “Becoming Australian”. Before Farming 2006: 1–21. doi:10.3828/bfarm.2006.1.4. 
  11. ^ Why saying ‘Aborigine’ isn’t OK: 8 facts about Indigenous people in Australia”. amnesty.org (2015年). 2021年11月1日閲覧。
  12. ^ “デニソワ人の遺伝子の痕跡があるのは?”. ナショナルジオグラフィック. (2013年7月). http://nationalgeographic.jp/nng/article/20130705/357095/index2.shtml 2014年3月14日閲覧。 
  13. ^ “古代インド人の豪州大陸への移住は約4000年前、新研究”. AFPBB News. (2013年1月15日). http://www.afpbb.com/articles/-/2920779 2014年2月23日閲覧。 
  14. ^ “900年前のアフリカ硬貨がひも解くオーストラリア史”. AFPBB News. (2013年8月23日). http://www.afpbb.com/articles/-/2963247 2014年2月23日閲覧。 
  15. ^ a b Carolyn Barry (2008年10月22日). “アボリジニの壁画、歴史を塗り変える?”. ナショナルジオグラフィック. オリジナルの2014年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140820100401/http://nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=40208223 2014年6月2日閲覧。 
  16. ^ Hudjashov, G.; Kivisild, T.; Underhill, P. A.; Endicott, P.; Sanchez, J. J.; Lin, A. A.; Shen, P.; Oefner, P.; Renfrew, C.; Villems, R.; Forster, P. (2007). "Revealing the prehistoric settlement of Australia by Y chromosome and mtDNA analysis". Proceedings of the National Academy of Sciences 104 (21): 8726–30. doi:10.1073/pnas.0702928104. PMC 1885570. PMID 17496137.
  17. ^ a b c d 山本 2000, pp. 79–80.
  18. ^ 『オーストラリアの歴史 多文化社会の歴史の可能性を探る』藤川隆男、有斐閣〈夕斐閣アルマ〉、2004年4月、45頁。ISBN 4641122091
  19. ^ “【鈍機翁のため息】(47)間奏 Ⅱ 人間は進歩しない”. 産経新聞. (2014年2月27日). オリジナルの2016年3月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160312192815/http://www.sankei.com/life/news/140227/lif1402270034-n1.html 2014年3月15日閲覧。 
  20. ^ 高山正之『白い人が仕掛けた黒い罠』
  21. ^ 鈴木 1993, p. 不明.
  22. ^ 鈴木 1993, p. 42.
  23. ^ 高山正之『白い人が仕掛けた黒い罠』[要文献特定詳細情報]
  24. ^ 山本 2000, pp. 79–80; 鈴木 1993, p. 42.
  25. ^ 今も終わらぬ戦い 「絶滅」した先住民の子孫 オーストラリア” (日本語). 47NEWS. 2021年6月18日閲覧。
  26. ^ 藤川隆男. “オーストラリア小史 第1章 先住民の歴史”. 大阪大学大学院. 2014年2月25日閲覧。
  27. ^ 佐藤富美. “アボリジニ”. 京都産業大学. 2016年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月25日閲覧。
  28. ^ 出典: 新保満 著 『悲しきブーメラン』
  29. ^ “収容所から脱出し、1600キロを徒歩で逃げたアボリジニ3少女”. ナショナルジオグラフィック. (2014年3月10日). http://nationalgeographic.jp/nng/article/20140310/387267/ 2014年3月14日閲覧。 
  30. ^ アボリジニ社会の復興に向けて”. 愛知淑徳大学文化創造学部 多元文化専攻. 2014年3月8日閲覧。
  31. ^ Lib MP denies Stolen Generations exist”. THE AUSTRALIAN. 2019年3月11日閲覧。
  32. ^ カタジュタ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年2月17日閲覧。
  33. ^ デビルズマーブル デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年2月17日閲覧。
  34. ^ The Didgeridoo and Aboriginal Culture - Aboriginal Australian Art & Culture”. Aboriginal Art & Culture. 2019年3月11日閲覧。
  35. ^ Rainbow from Down Under: もうひとつのオパール。。。
  36. ^ “Aborigine petrol-sniffing 'rises'”. BBC NEWS (BBC). (2008年10月20日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/7679278.stm 2019年3月14日閲覧。 
  37. ^ 親知らずが生えてきた?”. 藤沢市歯科医師会. 2012年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月14日閲覧。
  38. ^ いちご歯科クリニック
  39. ^ “豪アボリジニ女性、「肌が白すぎる」ため支援団体に不採用”. AFPBB News. (2010年11月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/277292 2014年2月22日閲覧。 [リンク切れ]
  40. ^ “先住民は非先住民より20年寿命が短い、国連報告書”. AFPBB News. (2010年1月15日). http://www.afpbb.com/articles/-/2682854 2014年2月22日閲覧。 
  41. ^ “高2以上の教科書検定 「表現力重視」悩む現場 受験対策は読み書き中心”. 読売新聞 朝刊 (東京): pp. 35. (2003年4月21日) 
  42. ^ Tomorrow English Course II”. 新興出版社啓林館. 2019年3月14日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アボリジニ」の関連用語

アボリジニのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アボリジニのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアボリジニ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS