phenytoinとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > phenytoinの意味・解説 

フェニトイン

分子式C15H12N2O2
その他の名称:ジヒコン、フェニトイン、ジフェニルヒドラントイン、Dihycon、Phenytoin、Diphenylhydrantoin、5,5-Diphenyl-2,4-imidazolidinedione、Zentropil、Sodanton、Lepitoin、NCI-C-55765、Dilabid、Hidantal、DPH、Diphantoin、Di-Lan、Di-Hydan、Denyl、Aleviatin、ソダントン、ゼントロピル、レピトイン、ジラビッド、ヒダンタール、ジフェントイン、アレビアチン、デニル、ジ-ヒダン、ジ-ラン、Eptal、エプタル、5,5-Diphenylimidazolidine-2,4-dione、5,5-Diphenylhydantoin、Diphenylhydantoin、ジフェニルヒダントイン、4,4-Diphenyl-2,3,4,5-tetrahydro-1H-imidazole-2,5-dione、ヒダントール、Hydantol、Diphentoin
体系名:5,5-ジフェニル-イミダゾリジン-2,4-ジオン、1,5-ジヒドロ-5,5-ジフェニル-2H-イミダゾール-2,4(3H)-ジオン、5,5-ジフェニルヒダントイン、5,5-ジフェニルイミダゾリジン-2,4-ジオン、5,5-ジフェニル-2,4-イミダゾリジンジオン、4,4-ジフェニル-2,3,4,5-テトラヒドロ-1H-イミダゾール-2,5-ジオン


フェニトイン

薬物フェニトイン
英名phenytoin
化合物名or商品名アレビアチン
分子式C15H12N2O2
分子データ
用途てんかん痙攣
副作用不安,振戦,めまい,悪心など
胎,授乳児への影響安全度
備考強直間代発作焦点発作に用いる
融点295298
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1110(皮下)
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

フェニトイン

(phenytoin から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/16 06:58 UTC 版)

フェニトイン(Phenytoin)は、ヒダントイン系の抗てんかん薬の一種。日本では、アレビアチン、ヒダントールという商品名で発売されている。米国ではダイランチンなど。




[ヘルプ]
  1. ^ 日本臨床薬理学会 『臨床薬理学』 医学書院、2011年、第3版、78頁。ISBN 978-4260012324


「フェニトイン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

phenytoinに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「phenytoin」の関連用語

phenytoinのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

銀河団

タッピングスクリュー

docomo STYLE series P-08A

えびす号

町村役場

インターロック・システム

ホイップストック

簡易取付金具





phenytoinのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェニトイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS