Glorious Revolutionとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > Glorious Revolutionの意味・解説 

めいよ‐かくめい【名誉革命】

《Glorious Revolution》1688〜89年英国無血革命国王ジェームズ2世カトリック復活政策議会無視反対した議会が、国王国外追放し、その長女メアリー2世と夫のオレンジ公ウィリアム3世共同統治者にしたもので、新国王は議会決議した「権利宣言」を承認、「権利章典」として公布し、これにより英国立憲君主制基礎確立された。


名誉革命

(Glorious Revolution から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 02:36 UTC 版)

名誉革命(めいよかくめい、: Glorious Revolution)は、1688年から1689年にかけて、ステュアート朝イングランドで起こったクーデター事件である。イングランド国王ジェームズ2世スコットランド国王としてはジェームズ7世)が王位から追放され、ジェームズ2世の娘メアリー2世とその夫でオランダ総督ウィリアム3世(ウィレム3世)[注釈 1]がイングランド国王に即位した。これにより「権利の章典」が発布された。


注釈

  1. ^ この項目にたびたび登場するウィリアムとウィレムは、同一人物の英語名とオランダ語名である。

出典

  1. ^ 長谷川輝夫大久保桂子土肥恒之著『世界の歴史17-ヨーロッパ近世の開花』(中央公論新社)
  2. ^ 『イギリス史2』P251 - P254、『スイス・ベネルクス史』P260 - P264、『イギリス革命史(上)』P254 - P261、『イギリス革命史(下)』P16 - P41。
  3. ^ 『イギリス革命史(下)』P41 - P56。
  4. ^ 『イギリス革命史(下)』P56 - P79。
  5. ^ 『イギリス史2』P255、『スイス・ベネルクス史』P264 - P265、『イギリス革命史(下)』P79 - P98。
  6. ^ 『イギリス史2』P255 - P257、『スイス・ベネルクス史』P265 - P266、『イギリス革命史(下)』P99 - P116。


「名誉革命」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Glorious Revolution」の関連用語

Glorious Revolutionのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Glorious Revolutionのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの名誉革命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS