Facebook疲れとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Facebook疲れの意味・解説 

Facebook疲れ

読み方フェイスブックづかれ
別名:フェイスブック疲れフェイスブックファティーグ
【英】Facebook fatigue

Facebook疲れとは、大手SNSソーシャルネットワーキングサービス)の「Facebook」において、ユーザー以前よりもFacebook積極的に利用しなくなること、またはそうした傾向のことである。

2012年2月テクノロジー系のニュースサイト「The Next Web上で調査会社「GlobalWebIndex」の調査(GWI.6)に基づくレポート掲載された。それによれば2011年後半行われ調査の中で、米国内のFacebookユーザー積極的な利用頻度アクティビティ)が下降に転じたという。具体的には、フレンドメッセージが送られた回数12%下降し、新し繋がり検索された回数17%下降グループへの参加19%下降したという。GlobalWebIndexは、米国内のFacebookユーザー中にFacebook疲れが広がっていると分析している。

ただし、こうした傾向米国英国などに限られており、世界全体ではFacebookへの訪問数は2012年現在も増加続けているとされる。特に、インドブラジルなどの新興国利用者大きく増加しているという。

GlobalWebIndexのレポートの中で、Facebook疲れは「fatigue in Facebook usage」や「Facebook fatigue」などの表現で用いられている。日本でも既にmixi疲れTwitter疲れ、あるいはSNS疲れといった表現が用いられている。


参照リンク
Facebook fatigue is spreading but social media is on the rise, says Internet study - (The Next Web。英語)
Web2.0のほかの用語一覧
SNS:  Friendster  Facebook  Foursquare  Facebook疲れ  Google+プロジェクト  GreenSnap  GREE


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Facebook疲れ」の関連用語

Facebook疲れのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Facebook疲れのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリFacebook疲れの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS