COCOMO法とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > COCOMO法の意味・解説 

COCOMO

フルスペル:COnstructive COst MOdel
読み方ココモ
別名:COCOMO法

COCOMOとは、ソフトウェア開発費用見積もる手法のひとつで、開発に必要とする段階の数、各工程難易度、あるいはチーム開発能力などを補正係数として掛け合わせて、工程数や人員見積もる手法のことである。1981年カリフォルニア大学数学博士であるバリー・ベーム(Barry Boehm)によって提唱された。

COCOMOの計算法は、プログラム言語難度など左右されないため、比較客観性を保つことができるということ大きな特徴としている。

1997年には、COCOMOの計算手法を改良し、ソフトウェア機能評価指針とする「ファンクションポイント法」などを取り入れて、拡張および厳密化を施した「COCOMO II」が発表されている。


参照リンク
COCOM IIマニュアル - (南カリフォルニア大学
企業活動のほかの用語一覧
プロジェクトマネジメント:  運用日誌  運用マニュアル  CCP  COCOMO  CCR  Digital Dashboard  DSS



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「COCOMO法」の関連用語

1
36% |||||

COCOMO法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



COCOMO法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリCOCOMOの記事を利用しております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS