黙示許諾とは? わかりやすく解説

黙示許諾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 01:55 UTC 版)

フィールド対Google事件」の記事における「黙示許諾」の解説

法廷は以下を判示原告被告に黙示許諾を行った認めた許諾license, 「ライセンス」とも呼ばれる)は著作権侵害請求に対する抗弁一つである。権利者行為を通じ排他的な(nonexclusive)な許諾いわゆる利用許諾」)を明示的に(expressly)または黙示的に(impliedly)与えることができる。黙示許諾(英語版)とは、他人(または他当事者(other party))著作物利用することに権利者承諾consent)するとの「推論」(infer)が相当である際の、権利者行為であると考えられるその際承諾口頭で意思表示する要はなく、権利者著作物利用認知し、及び奨励する場合暗黙のうちに承諾したとの推論相当である。 原告はCachedリンクを掲示させないためのメタタグという業界標準仕組み知っており、この「知識」があるにもかかわらず適切な手段取らなかった。更にそのメタタグを省くことがCachedリンクを掲示させることの許諾であると被告が解釈することも知っていた原告行為被告自身の著作物利用許諾する解釈するのが合理的である。 以上から法廷被告の黙示許諾の抗弁認めその申立認定する他方被告抗弁不適当である(inapplicable)との原告交差申立却下する

※この「黙示許諾」の解説は、「フィールド対Google事件」の解説の一部です。
「黙示許諾」を含む「フィールド対Google事件」の記事については、「フィールド対Google事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「黙示許諾」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黙示許諾」の関連用語

黙示許諾のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



黙示許諾のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフィールド対Google事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS