霞桜とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 霞桜の意味・解説 

かすみざくら [4] 【霞桜】

バラ科落葉高木各地山地生える。花はわずかに紅色を帯び、四、五月頃同時に開く。ヤマザクラに似るが、若葉緑色で、花期はやや遅い。

かすみざくら (霞桜)

Prunus verecunda

Prunus verecunda

Prunus verecunda

わが国各地をはじめ、朝鮮半島中国東北部分布しています。山地生え、高さは25メートルにもなります。4月から5月ごろ、の展開と同時に2~3個の花を散房状に咲かせます。花弁白色またはわずかに紅色を帯びます。「ヤマザクラ」に似ていますが、花期遅く裏面葉柄などに開出毛があります写真上は、豊田市天然記念物
バラ科サクラ属落葉高木で、学名Prunus verecunda。英名はありません。
バラのほかの用語一覧
サクラ:  里桜  里桜・大提灯  里桜・白雪  霞桜  高嶺桜  高砂桜  鬱金桜

霞桜

読み方:カスミザクラ(kasumizakura)

バラ科落葉高木園芸植物

学名 Prunus leveilleana




霞桜と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「霞桜」の関連用語

霞桜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



霞桜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS