隔離ほ場とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 隔離 > 隔離ほ場の意味・解説 

隔離ほ場

【英】: Isolation Field
隔離ほ場とは、遺伝子組換え植物の試験栽培を行うために、一定の区画された、一般環境した、ほ場(農作物栽培するための田畑)のこと。遺伝子組換え植物自然に増殖することを防止するとともに花粉などが、ほ場外植物影響与えないよう木々フェンスに囲まれている。

遺伝子組換え農作物栽培することによる環境への影響は、農林水産省「農林水産分野等における組換え体の利用のための指針」に基づき安全性確認が行われてきたが、「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(カルタヘナ法)が、2003年6月成立したことを受けて、本指針廃止され、農林水産省環境省により「カルタヘナ法」に基づいて運用されることとなった。

開発者は、遺伝子組換えによって作られた農作物について、利用する農作物情報実験室非閉鎖系温室などで得られた遺伝子性質導入遺伝子安定性などのデータ農林水産省環境省提出して審査を受けたうえで、隔離ほ場において試験的栽培を行う。隔離ほ場において収集するデータは、花粉飛散性や他の生物に及ぼす影響などである。その結果農林水産省環境省提出され、審査結果環境対す安全性確認されたものが、これまでの農作物と同じように、一般ほ場での栽培または輸入できる仕組みになっている

遺伝子

遺伝子組換え

組み換え体の利用のための指針

カルタヘナ法

カルタヘナ議定書

非閉鎖系温室




隔離ほ場と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「隔離ほ場」の関連用語

隔離ほ場のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



隔離ほ場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省

©2020 Weblio RSS