言立てとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 言立ての意味・解説 

こと だて 【言立て】

はっきり言葉に表すこと。誓い立てること。 「世の人の立つる-/万葉集 4106

いい たていひ- [0] 【言(い)立て】

〔「いいだて」とも〕
取り立てて言うこと。 「わごりよは何も-にする様な芸は覚えぬが/狂言八幡の前 虎寛本
口実。 「お勢は気分の悪いを-にして/浮雲 四迷
物売り芝居口上
歌舞伎における口上の一。物事由来効能・物づくしなどを述べる長いせりふ。

言立て


言立て

読み方:ことだて

【文語】タ行下二段活用動詞言立つ」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

言立て

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「言立て」の関連用語

言立てのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ネームラベル

肥料桶

地方自治法施行60周年記念 山梨県分 1,000円銀貨幣

ストリクタ

チェンジボタン

Benjamin Harrison

Murciélago LP640

400形





言立てのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2018 Weblio RSS