藁人形論法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > 論法 > 藁人形論法の意味・解説 

ストローマン

(藁人形論法 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/10 18:10 UTC 版)

ストローマン: straw man)は、議論において、相手の主張を歪めて引用し、その歪められた主張に対して反論するという誤った論法、あるいはその歪められた架空の主張そのものを指す[1]ストローマン手法藁人形論法ともいう。


  1. ^ Downes, Stephen. “The Logical Fallacies”. 2016年1月13日閲覧。
  2. ^ Damer, T. Edward (1995). Attacking Faulty Reasoning: A Practical Guide to Fallacy-Free Arguments. Wadsworth. pp. 157–159 
  3. ^ a b 香西秀信 『論理病をなおす!:処方箋としての詭弁』 筑摩書房 <ちくま新書> 2009年 ISBN 978-4-480-06516-2 pp.97-104.
  4. ^ : slippery slope


「ストローマン」の続きの解説一覧



藁人形論法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「藁人形論法」の関連用語

藁人形論法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



藁人形論法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのストローマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS