薬剤耐性マイコプラズマとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 薬剤耐性マイコプラズマの意味・解説 

薬剤耐性マイコプラズマ

読み方:やくざいたいせいマイコプラズマ

肺炎引き起こす細菌マイコプラズマ」のうち、従来効果があるとされてきた薬剤耐性のある耐性菌)。

単に薬剤耐性マイコプラズマと言った場合には、「マクロライド系抗生物質」に対す耐性のある「マクロライド耐性菌」を指す場合が多い。

マイコプラズマ肺炎には、他の一般的な細菌性肺炎において抗生物質として用いられる「ペニシリン」が有効に作用しない、という特徴がある。その代わりに用いられるのが「マクロライド系抗生物質」や「トラサイクリン系抗生物質」である。とりわけ、目だった副作用がないことから「マクロライド系抗生物質」が第一選択薬として用いられることが多い。

しかし、近年ではマクロライド系抗生物質症状抑えることができないマイコプラズマ肺炎症例多数報告されており、医療機関などに注意呼びかけられている。

薬剤耐性マイコプラズマは2000年頃に確認され、以後日本各地検出確認されるようになったとされる野生マイコプラズマ十数パーセント耐性菌であると言われている。

なお、マクロライド耐性菌には、同じくマイコプラズマ肺炎抗生物質として用いられるテトラサイクリン系抗生物質などを使用することができる。

関連サイト
マイコプラズマ肺炎の抗菌薬治療 - 国立感染症研究所感染症情報センター IASR Vol.28
薬剤耐性マイコプラズマの現状と今後の展望 - 栄研化学株式会社


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「薬剤耐性マイコプラズマ」の関連用語

薬剤耐性マイコプラズマのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



薬剤耐性マイコプラズマのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS