漢詩人としてとは? わかりやすく解説

漢詩人として

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 12:43 UTC 版)

山本亮 (政治家)」の記事における「漢詩人として」の解説

村上松村本名龍)の「第二次社」に参加大正10年1921年)には父碧湾に代わって「剪淞吟社せんしょうぎんしゃ)」に加盟して活躍

※この「漢詩人として」の解説は、「山本亮 (政治家)」の解説の一部です。
「漢詩人として」を含む「山本亮 (政治家)」の記事については、「山本亮 (政治家)」の概要を参照ください。


漢詩人として

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 10:15 UTC 版)

加島恵太郎」の記事における「漢詩人として」の解説

村上松村本名:龍)の漢詩吟社社」の創立参加、さらに大正6年1917年)の「第二次社」にも参加大正9年1920年)には松江の「剪淞吟社せんしょうぎんしゃ)」に加盟して、その重要なポストである董事(とうじ)に就任した熱心な実作者であり、「山陰詩会」では、明治41年1908年)の第1回大会から第27回大会まで、通算20余回参加した昭和7年1932年漢詩集『洗心詩集第1編発行そのあと次々に出版重ね昭和18年1943年)に第6編までを刊行した内容多岐にわたり、その中で新鮮な詩情にあふれる郷土賛歌心を魅了する

※この「漢詩人として」の解説は、「加島恵太郎」の解説の一部です。
「漢詩人として」を含む「加島恵太郎」の記事については、「加島恵太郎」の概要を参照ください。


漢詩人として

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 09:16 UTC 版)

山本熊吉」の記事における「漢詩人として」の解説

碧湾は少年時代村上松村本名龍)に学び長じて松村と共に社」を創立して漢詩振興努めた大正9年1920年11月には「剪淞吟社せんしょうぎんしゃ)」に加盟した

※この「漢詩人として」の解説は、「山本熊吉」の解説の一部です。
「漢詩人として」を含む「山本熊吉」の記事については、「山本熊吉」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「漢詩人として」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

漢詩人としてのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



漢詩人としてのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの山本亮 (政治家) (改訂履歴)、加島恵太郎 (改訂履歴)、山本熊吉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS