漢詩人としての佐藤猊巌とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 漢詩人としての佐藤猊巌の意味・解説 

漢詩人としての佐藤猊巌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/31 01:53 UTC 版)

佐藤衡」の記事における「漢詩人としての佐藤猊巌」の解説

幼い頃より父から漢学の手ほどきを受けており、漢詩を得意としていた。漢詩人として森槐南主宰する吟社所属し機関誌『随集』に多くの作品投稿した猊鼻渓宣伝活動に際しては自身景色詠み込んだ詩を賦してアピール努めたほか、私費投じて各地詩友招いた

※この「漢詩人としての佐藤猊巌」の解説は、「佐藤衡」の解説の一部です。
「漢詩人としての佐藤猊巌」を含む「佐藤衡」の記事については、「佐藤衡」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「漢詩人としての佐藤猊巌」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

漢詩人としての佐藤猊巌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



漢詩人としての佐藤猊巌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの佐藤衡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS