好適環境水とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 好適環境水の意味・解説 

好適環境水

読み方:こうてきかんきょうすい

淡水魚海水魚両方を飼育できる特殊な淡水魚海水魚を同じ水槽で飼育・養殖することができる。山理科大学の山本俊准教授開発した。

好適環境水は、淡水ベースに、海水魚生息関わるカリウムナトリウム微量電解質などが加わることで、海水魚生息できる環境となっている。低コスト生産できるため、内陸部海水魚養殖を行うことも可能となる。

2011年7月には山本准教授研究チームが好適環境水を使用したトラフグ養殖成功したことが発表された。トラフグ同月内に、岡山卸売市場出荷される。

関連サイト
好適環境水 トラフグ飼育日記

好適環境水

読み方:こうてきかんきょうすい

岡山理科大学専門学校山本俊准教授らが開発した、淡水魚海水魚両方生息可能な水のこと。好適環境水は、水道水など通常の材料として、塩化ナトリウム塩化カルシウム塩化カリウムなどの、魚類浸透圧調整に関係する電解質一定量加えである。好適環境水を使うことで、海水魚内陸養殖することが可能になることが期待されており、研究開発が進められている。2011年には、好適環境水を使ったトラフグおかやま理大フグ)の室内養殖成功した。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「好適環境水」の関連用語

好適環境水のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



好適環境水のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS