外交機密費とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 財政 > 機密費 > 外交機密費の意味・解説 

がいこう‐きみつひ〔グワイカウ‐〕【外交機密費】

読み方:がいこうきみつひ

外務省報償費


外交機密費(がいこうきみつひ)

外務省報償費外交政策あてられる

外交政策のために当てられる国家予算だ。正式に外務省報償費と言う外交情報提供者への報償資金として用う。その他、外交上の情報収集諸外国との交渉接待などに使用される

国家機密とも密接に関連することから、外交機密費の管理は、外務省にほぼ一任されている。特に、費用会計について、事実上会計検査院からも調査の対象となっている。

たとえば、接待費などの使用明細について、領収書などの証拠書類提出事実上免除されているなど、特別な扱い受けている。

2000年度の外交機密費の総額557000万円だ。ただし、以上のような理由から、配分使途明らかにされていない過去にも、外交機密費の不正流用疑惑週刊誌報道されことがある外交機密を盾に、闇に包まれている点が多いと言える

ちなみに報償費」は外務省以外にも、内閣官房警察庁財務省など10省庁認められている。どの報償費にしても使用状況について「事務円滑に遂行する目的から」外部には公表されない

(2001.01.23更新




外交機密費と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「外交機密費」の関連用語

外交機密費のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



外交機密費のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2024 時事用語のABC All Rights Reserved.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS