低温ポリシリコンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 低温 > 低温ポリシリコンの意味・解説 

低温ポリシリコン

非結晶のシリコンを用いてトランジスターを作るアモルファスシリコン液晶に対して、ポリシリコン液晶は多結晶のシリコンによってトランジスターを形成する。小型化、高解像度化では、ポリシリコンが有利と言われる。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 藤原陽祐)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


低温ポリシリコン

読み方ていおんポリシリコン
【英】Low-temperature Poly Silicon, LTPS

低温ポリシリコンとは、液晶ディスプレイなどの電極である薄膜トランジスタTFT)に使われる材料のうち、およそ摂氏600度以下の低温環境下で形成するポリシリコンのことである。

低温ポリシリコンは基板材料としてガラスが用いられている。低温ポリシリコンは高温ポリシリコンに対して安価製造できるという利点がある。低温ポリシリコンに対して、およそ1000度以上の高温形成されるポリシリコンは「高温ポリシリコン」と呼ばれる

低温ポリシリコンはTFT液晶素材などとして使用されており、低温ポリシリコン液晶などと呼ばれている。




低温ポリシリコンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「低温ポリシリコン」の関連用語

低温ポリシリコンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



低温ポリシリコンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2019 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ低温ポリシリコンの記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS