企業とセキュリティとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 不動産用語 > 企業とセキュリティの意味・解説 

企業とセキュリティ

企業において、セキュリティ経営課題として重要になっているセキュリティは、一般的には安全・安心、保護保証といった意味を持つ言葉である。企業には守らなくてはならないものがある。それには、従業員などのヒト製品原料などのモノ特許デザインなどの知的財産顧客情報などの情報現金有価証券などのカネなど、多岐にわたるものが該当する。
企業は、こうした「守るべきもの」を的確に保護して、株主利害関係者期待応える必要がある。それが「企業セキュリティCorporate Security)」である。企業セキュリティとは、企業が守るべき経営資源を的確に保護して、想定される脅威リスクに対して安全な状態を創出して、それを維持する経営活動ということができる。
企業セキュリティ目的は、「事業継続性確保」と「企業の社会的責任CSR)」の2 つに集約できる。不時災害犯罪など、障害発生に対して事業継続できるようにしておくことが重要である。また、従業員生命守ることなどは、企業の社会的責任である。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

企業とセキュリティのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



企業とセキュリティのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三幸エステート三幸エステート
Copyright 2019 Sanko-estate,All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS