リッチテキスト形式とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > リッチテキスト形式の意味・解説 

リッチテキスト

別名:リッチテキスト形式
【英】Rich Text, Rich Text Format, RTF

リッチテキストとは、Microsoft策定した文書ファイル形式によって、文字大きさや色、書式などの情報が、タグ呼ばれる制御記号用いて文書中に盛り込まれたもののことである。

リッチテキストの形式記述された文書は、単に文字情報であるだけでなく、文字そのものがひとつの表現となりうる。文書内に図形や表を埋め込むことも可能となる。Windows標準で備わるワードパッドWord一太郎など、多くワープロソフトにおいて標準的文書ファイル形式とされている。

リッチテキストの形式仕様公開されており、ワープロソフトが対応していればワープロソフトどうしで文字修飾書式情報交換することができる。リッチテキストで保存されたファイルには、拡張子に「.rtf」が付く。

リッチテキストに対して、純粋に文字データだけで構成された文書のことは、プレーンテキスト呼ばれる

オフィスソフトのほかの用語一覧
ワープロソフト:  レイアウト枠  レターヘッド  リーダー  リッチテキスト  リッチテキストフォーマット  領域  ルビ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リッチテキスト形式」の関連用語

リッチテキスト形式のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リッチテキスト形式のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリリッチテキストの記事を利用しております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS