マクロ感染型ウィルスとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > マクロ感染型ウィルスの意味・解説 

マクロかんせんがた‐ウイルス【マクロ感染型ウイルス】


マクロウィルス

別名:マクロウイルス,マクロ感染型ウィルス
【英】macro virus

マクロウィルスとは、ソフトウェアマクロ機能悪用して作成されたコンピュータウィルス総称である。

マクロウィルスは、マクロ言語呼ばれるマクロを登録するためのプログラミング言語用いて記述される。マクロが登録されたファイルを開くと、感染活動はじめとするコンピュータに害を及ぼすような一連の処理が自動的実行されるようになっている

マクロウィルスは、WordExcelといった文書ファイル埋め込まれた状態で、電子メール添付ファイルなどとして送りけられる場合が多い。受け取り手としては、文書ファイル一般的な業務などで利用されているタイプのものであるため、警戒しづらく、うっかり開いてしまいやすいという難点がある。

Microsoft Officeの主要アプリケーションであるWordExcelは、VBAWordBasicといったマクロ言語を用いたマクロプログラミング対応しているWordExcelが非常に普及しているせいもあり、VBAなどを悪用したマクロウィルスはこれまでにも多数登場している。

Microsoft2007年リリースした「2007 Microsoft Office system」(Office 2007)では、従来バイナリ形式であったファイル形式を、OpenXMLOOXML)と呼ばれるXMLベース形式へと変更している。この際標準的文書マクロが有効な文書とでは異な拡張子付けられ、同時にマクロ有効ファイルアイコンには注意喚起の「!」マークが付くようになった。なお、Word標準ファイル拡張子は「.docx」、マクロ有効ファイル拡張子は「.docm」であり、同じくExcelにおける標準ファイルは「.xlsx」、マクロ有効ファイルでは「.xlsm」の拡張子が付くようになっている


参照リンク
Microsoft Office マクロ ウイルス情報 - (Microsoft Office Online
セキュリティのほかの用語一覧
ウィルス・ワーム:  Morto  MyDoom  Mimail  マクロウィルス  マルウェア  NETSKY  ぬるぽワーム


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マクロ感染型ウィルス」の関連用語

マクロ感染型ウィルスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マクロ感染型ウィルスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリマクロウィルスの記事を利用しております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS