ブイ・アール・ピーとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > ブイ・アール・ピーの意味・解説 

VRP

読み方:ブイ・アール・ピー
【英】:Variety Reduction Program

VAVEValue AnalysisValue Engineering)やDTCDesign To Cost)は、主に単一製品コストダウンを行うが、VRPは、製品群または製品ファミリー全体コストダウンを図るのが狙いである。

バラエティとは、製品工程設備作業多様な状況と、製品設計生産仕方多様な様子指して言う。市場ニーズバラエティに対応しつつ、いかに生産上のバラエティ少なくするかを研究する手法

VRPでは、以下の5つの視点から製品および生産構造分析し、コストダウン設計ガイドライン作成する。

 (1)固定変動分析
 (2)モジュール化
 (3)多機能化
 (4)レンジ設定
 (5)系列化

の手法は1970年代日本能率協会開発され、当初自動車部品メーカー適用された。その後、VRPの効果認められ、産業機械建設機械家電製品など広く普及した。

市場ニーズ多様化による製品の多品種化やモデルチェンジの短周期化は、製品開発力の向上を促したが、一方で生産効率著しく阻害した。VRPでは、製品基本機能決定する基本的部品ユニットは「固定」とし、顧客ニーズ合わせる変動要素意識的区分する。そしてその区分生産システム組み込んでコストダウンを図るのである


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブイ・アール・ピー」の関連用語

ブイ・アール・ピーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブイ・アール・ピーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS