ハウスマヌカンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ハウスマヌカンの意味・解説 

ハウスマヌカン

ハウスマヌカンとは、その店で販売している洋服着用して接客する、ブティック女性店員のことである。単にマヌカンともいう。

「ハウスマヌカン」は、英語houseフランス語mannequin組み合わせ和製洋語で、1983年雑誌アンアン」がこの名称を用いて特集を組んだことから定着した。フランス語mannequinファッションモデルを意味するが、日本語で「マヌカン」は古くから衣類化粧品を身につけてそれらを宣伝する女性指して用いられていた。

客に着こなしアドバイスしたり、着用モデルとなって商品宣伝したりすることも求められたため、ハウスマヌカンはバブル時代いわゆるカタカナ職業」のひとつとして憧れ職種でもあった。1986年には、ハウスマヌカンの悲哀を歌ったややの楽曲夜霧のハウスマヌカン」がヒットしている。

「ハウスマヌカン」は現在は死語になっており、衣料品店店員のことは今では普通「アパレル店員」「ショップ店員」「ショップスタッフ」などという。

執筆稲川

ハウス‐マヌカン

《(和)housemannequin(フランス)》ブティックで、その店の商品である服を着て客に応対する販売員



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハウスマヌカン」の関連用語

ハウスマヌカンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハウスマヌカンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS